○舞鶴市上下水道部公用自動車管理規程

昭和46年4月10日

水道部規程第5号

(目的)

第1条 この規程は、舞鶴市上下水道部配属車の管理の適正を期するため、法令その他特別の定めがあるものを除くほか、必要な事項を定め、もって公用車の効率的かつ経済的な運用と安全運転の推進を図ることを目的とする。

(平28上下水道部規程9・一部改正)

(用語の定義)

第2条 この規程において、次の各号に掲げる用語の意議は当該各号に掲げるところによる。

(1) 車両 道路交通法(昭和35年法律第105号。以下「道交法」という。)第3条に定める自動車及び同法第2条第1項第10号に定める原動機付自転車をいう。

(2) 配属車 部がその業務の用に供するため、専属的に使用する目的で配した車両をいう。

(3) 共用車 総務部資産活用課に配された車両をいう。

(4) 安全運転管理者 道交法第74条の2の規定により選任又は委嘱した者をいう。

(5) 整備管理者 道路運送車両法(昭和26年法律第185号。以下「車両法」という。)第50条の規定により選任又は委嘱した者をいう。

(平27水道部規程35・一部改正)

(車両の総括管理)

第3条 車両の管理は、総括して上下水道部長が行うものとする。

2 上下水道部長は、運転者に対し法令を遵守させ、常にこれらの者の健康に注意し、車両の安全な運行管理を図らなければならない。

3 上下水道部長は、各課に配属した車両についてはそれぞれその所属長に車両の管理を分担させるものとする。

(昭60水道部規程5・平6水道部規程2・平28上下水道部規程9・一部改正)

(車両及び鍵の保管)

第4条 所属長は、車両の格納場所を指定し、鍵及び車両を厳重に保管しなければならない。

2 運転者(水道事業の管理者の権限を行う市長(以下「管理者」という。)が車両の運転を許可した者)は、公用車を運行しようとするときは、所属長から車両の鍵を受け、運行終了後、所属長に返納しなければならない。

3 退庁後又は休日において、車両を運行しようとするときは、車両時間外(休日)使用届(様式第1号)を宿日直者に提示しなければならない。ただし、緊急の場合はこの限りでない。

4 車両の予備鍵は、上下水道部長において厳重に保管しなければならない。

(昭60水道部規程5・平27水道部規程10・平28上下水道部規程9・一部改正)

(取扱責任者)

第5条 上下水道部長は、運転者のうちから車両ごとに取扱責任者を定めなければならない。

2 取扱責任者は、常にその車両の保全に努めなければならない。

(平27水道部規程10・平28上下水道部規程9・一部改正)

(安全運転管理者)

第6条 管理者は、資格を有する者のうちから安全運転管理者を選任又は委嘱するものとする。

2 安全運転管理者は、道交法第75条の規定による車両等の運行を管理する義務のほか、運転者に対し運転上の義務及びその他安全運転に必要な事項の指導又は監督をしなければならない。

(昭60水道部規程5・平27水道部規程10・一部改正)

(整備管理者)

第7条 管理者は、資格を有する者のうちから整備管理者を選任又は委嘱するものとする。

2 整備管理者は、車両法第32条の規定による権限のほか、常に整備及び保安について適切な処置をとらなければならない。

3 整備管理者は、車両整備簿(様式第2号)を備え、常に整備の状況をは握しておかなければならない。

(昭60水道部規程5・平27水道部規程10・一部改正)

(安全運転管理補助者及び整備管理補助者)

第8条 前2条による職務を補佐させるため、安全運転管理補助者及び整備管理補助者を置くことができる。

(平27水道部規程10・一部改正)

(安全運転管理者及び整備管理者の解任)

第9条 安全運転管理者及び整備管理者が次の各号の一に該当するときは、その職務を解き、速やかに後任者を選任又は委嘱するものとする。

(1) 車両法第53条及び道交法第74条の2第3項による解任命令を受けた場合

(2) 安全運転管理者及び整備管理者の重大な過失による事故が発生した場合

(3) 前2号のほか、管理者が解任を必要と認めた場合

(平27水道部規程10・一部改正)

(車両の運行)

第10条 車両は、所属長の指示又は承認がなければ運行してはならない。

2 前項のほか、安全運転管理者及び整備管理者が運行上必要な事項について制限を付したときは、これにより運行しなければならない。

(昭60水道部規程5・一部改正)

(配属車の使用)

第11条 配属車の使用は、共用車が使用できない場合に限るものとする。

(昭60水道部規程5・一部改正)

(配属車の運転許可)

第12条 管理者は、車両運転資格を有する者のうち、別に定める運転許可基準により運転を許可するものとする。

(平27水道部規程10・一部改正)

(運転許可の取消し)

第13条 前条により許可を受けた運転者が次の各号の一に該当するときは、許可を取り消すものとする。

(1) 運転上支障のある心身の故障が認められる場合

(2) その他運転が不適当と認められる場合

(配属車の整備点検)

第14条 上下水道部長は、車両取扱責任者に命じ、配属車について定期的に整備管理者の点検を受けなければならない。

(平28上下水道部規程9・一部改正)

(共用車の使用)

第15条 共用車の使用については、舞鶴市公用車管理規則(昭和48年規則第11号)の定めるところによる。

(事故報告等)

第16条 運転者は事故を起こしたときは、法令に基づく適切な処置をするとともに、このことを直ちに所属長に報告し、その指示を受け車両事故報告書(様式第3号)を上下水道部長に提出しなければならない。

2 配属車が事故を起こしたときは、賠償額等につき資産活用課長と協議した後、上下水道部長が責任をもって処理しなければならない。

(昭60水道部規程5・平27水道部規程10・平27水道部規程35・平28上下水道部規程9・一部改正)

(運転者台帳)

第17条 運転者は、運転者台帳(様式第4号)に登録するものとする。

2 運転者台帳は、上下水道部長が保管整備するものとする。

3 運転者は、運転免許証の記載事項に変更があった場合又は運転免許の取り消し、停止若しくは資格を喪失したときは、速やかに所属長を経て上下水道部長に届け出なければならない。

(昭60水道部規程5・平28上下水道部規程9・一部改正)

(運転日報)

第18条 運転者は運転のたびに必要事項を車両運転日報(様式第5号)に明記し、所属長に報告しなければならない。

(昭60水道部規程5・一部改正)

(車両及び車庫の清掃)

第19条 運転者及び関係職員は、常に車両及び車庫の清掃を行うとともに、火災及び盗難の防止に努めなければならない。

(燃料の注油)

第20条 車両用燃料の注油は、管理者が交付する注油券によるものとする。

(車両管理等の統計)

第21条 取扱責任者は、毎月の車両走行キロ及び燃料消費量、整備記録等を記載した車両使用状況報告書(様式第6号)を作成し、上下水道部長に報告しなければならない。

(平28上下水道部規程9・一部改正)

(タクシー等の借上げ)

第22条 車両を使用しなければならない場合において、全車両が使用中のときは、各所属長は必要に応じ上下水道部長の承認を得てタクシー等を借り上げることができる。

(平27水道部規程10・平28上下水道部規程9・一部改正)

(私有車両の運行禁止)

第23条 私有車両は、いかなる場合であっても公務に使用してはならない。

(その他)

第24条 この規程に定めるもののほか、必要な事項は別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規程は、昭和46年4月10日から施行する。

(経過規定)

2 従来の様式による用紙でこの規程の主旨に反しないものについては、当分の間これを取りつくろい使用することができる。

附 則(昭和60年4月1日水道部規程第5号)

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(平成6年4月1日水道部規程第2号)

(施行期日)

1 この規程は、平成6年4月1日から施行する。

附 則(平成19年4月1日水道部規程第6号)

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(平成27年3月30日水道部規程第10号)

この規程は、平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成27年4月1日水道部規程第35号)

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(平成28年4月1日上下水道部規程第9号)

この規程は、公布の日から施行する。

(平28上下水道部規程9・一部改正)

画像

画像

(平19水道部規程6・全改、平27水道部規程35・平28上下水道部規程9・一部改正)

画像画像

画像

画像

(平28上下水道部規程9・一部改正)

画像

舞鶴市上下水道部公用自動車管理規程

昭和46年4月10日 水道部規程第5号

(平成28年4月1日施行)

体系情報
第11編 公営企業/第2章 水道事業及び下水道事業/第2節 組織・処務
沿革情報
昭和46年4月10日 水道部規程第5号
昭和60年4月1日 水道部規程第5号
平成6年4月1日 水道部規程第2号
平成19年4月1日 水道部規程第6号
平成27年3月30日 水道部規程第10号
平成27年4月1日 水道部規程第35号
平成28年4月1日 上下水道部規程第9号