○舞鶴市上下水道部現金取扱員服務規程

昭和35年4月1日

水道部規程第9号

(目的)

第1条 舞鶴市上下水道部現金取扱員のうち集金に従事する者(以下「現金取扱員」という。)の服務については、別に定めるもののほか、この規程の定めるところによる。

(平28上下水道部規程22・一部改正)

(任務)

第2条 現金取扱員は、担当区域内の水道料金その他の収納金の集金に従事するほか、執務中に水道用具の異常を発見したとき、又は水道使用者から届書、用件等を受けたときは、速やかに主務課に伝達しなければならない。

2 前項に定めるもののほか、業務上必要ある場合は、担当区域外の集金及び集金以外の業務に従事しなければならない。

(担当区域)

第3条 現金取扱員の担当区域は、土地の状況及び水道使用者の状況を参しやくしてお客様サービス課が定める。

(平28上下水道部規程22・一部改正)

(注意事項)

第4条 現金取扱員は、集金に当たっては親切丁寧な言語及び態度をもって接しなければならない。

(集金の方法)

第5条 現金取扱員は、納入通知書(以下「通知書」という。)により納入者に納入を通知し、収納金を徴収しなければならない。

2 収納金を領収する際は、通知書の領収欄に領収年月日及び現金取扱員の印を押し、証書に不備のないことを確め、収納金を受領して領収証を交付しなければならない。

3 領収証書に使用する現金取扱員の印は、あらかじめ企業出納員が指定する。

(公金の取扱)

第6条 現金取扱員は、その日徴収した収納金はその日に集計し、納金原符を作成し、集金原符とともに企業出納員に提出し、納金領収書によって領収を受けなければならない。ただし、時間勤務その他止むを得ない事由により提出できない場合は、翌朝速やかに提出しなければならない。

2 現金取扱員は、その日徴収した収納金に基づき集金日報及び未収日報を作成し、上司に提出しなければならない。

(転居及び不在者の取扱)

第7条 収納金を未納のまま転居したものがあるときは、速やかに転居先を調査し、集金原符にてん末を記入してお客様サービス課に報告し、納入通知書兼領収書を返付しなければならない。

2 不在その他の理由により期間内に集金できないものについても、前項に準ずるものとする。

(平28上下水道部規程22・一部改正)

(公金等を亡失した際の処置)

第8条 現金取扱員は、収納金、通知書又は現金取扱印を失ったときは、主務係長を経てお客様サービス課及び企業出納員に届け出なければならない。

(平28上下水道部規程22・一部改正)

(収納金保管上の責任)

第9条 現金取扱員は、集金した収納金については、善良な注意を怠ってはならない。

2 前項の場合において善良な注意を怠り収納金を失ったときは、現金取扱員は、その損害額を賠償しなければならない。

3 前項の賠償金は、一時に納付しなければならない。ただし、特別の事由を認めたときは、これを分納させることがある。

附 則

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(平成28年4月1日上下水道部規程第22号)

この規程は、公布の日から施行する。

舞鶴市上下水道部現金取扱員服務規程

昭和35年4月1日 水道部規程第9号

(平成28年4月1日施行)

体系情報
第11編 公営企業/第2章 水道事業及び下水道事業/第5節
沿革情報
昭和35年4月1日 水道部規程第9号
平成28年4月1日 上下水道部規程第22号