○舞鶴市上下水道部競争入札参加者資格等審査委員会規程

平成15年4月1日

水道部規程第6号

(設置)

第1条 舞鶴市上下水道部(「以下「上下水道部」という。)が行う水道事業に係る建設工事等の発注及び物品等の調達に係る競争入札に参加する者(以下「競争入札参加者」という。)の資格等について審査するため、舞鶴市上下水道部競争入札参加者資格等審査委員会(以下「審査委員会」という。)を設置する。

(平28上下水道部規程3・平29上下水道部規程4・一部改正)

(所掌事務)

第2条 審査委員会は、次に掲げる事項について審査するものとする。

(1) 競争入札参加者の資格及び工事別等級の格付等に関する事項

(2) 競争入札参加者の指名の選考に関する事項

(3) 競争入札に係る登録業者の指名回避及び指名停止処分に関する事項

(4) 市長が定める競争入札参加者資格等審査委員会に関する事項

(平17水道部規程3・一部改正)

(組織)

第3条 審査委員会は、委員長及び副委員長各1人並びに委員若干人をもって組織する。

2 委員長には上下水道部長をもって充て、副委員長及び委員は上下水道部職員のうちから水道事業の管理者の権限を行う市長が任命する。

(平27水道部規程5・平28上下水道部規程3・平29上下水道部規程4・一部改正)

(委員長等の職務)

第4条 委員長は、会務を総理し、会議の議長となる。

2 副委員長は、委員長を補佐し、委員長に事故があるときはその職務を代理する。

(会議)

第5条 審査委員会は、委員長が必要に応じてこれを招集する。ただし、委員の過半数の出席がなければ会議を開くことができない。

2 議事は、出席委員の過半数でこれを決し、可否同数のときは、委員長の決するところによる。

3 委員は、血族又は姻族3親等以内に該当する者に係る審査には加わることができない。

(平27水道部規程5・一部改正)

(持回り審査等)

第6条 委員長は、委員会の会議を招集するいとまがないと認めるときは、委員会の会議に付議すべき事案(以下「事案」という。)について持回りにより審査させることができる。簡易な事案の審査についても、また同様とする。

(事案の説明等)

第7条 委員長は、必要があると認めるときは、事案の主管課の課長又は担当者を委員会の会議に出席させ、事案について説明させることができる。

2 委員長は、必要があると認めるときは、事案に関連のある課の課長又は職員を委員会の会議に出席させ、意見を述べさせることができる。

(庶務)

第8条 審査委員会の庶務は、上下水道部経営企画課において行う。

(平28上下水道部規程3・一部改正)

(その他)

第9条 この規程に定めるもののほか、審査委員会に関し必要な事項は、別に定める。

附 則

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(平成17年4月1日水道部規程第3号)

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(平成27年3月30日水道部規程第5号)

この規程は、平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成28年4月1日上下水道部規程第3号)

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(平成29年4月1日上下水道部規程第4号)

この規程は、公布の日から施行する。

舞鶴市上下水道部競争入札参加者資格等審査委員会規程

平成15年4月1日 水道部規程第6号

(平成29年4月1日施行)

体系情報
第11編 公営企業/第2章 水道事業及び下水道事業/第2節 組織・処務
沿革情報
平成15年4月1日 水道部規程第6号
平成17年4月1日 水道部規程第3号
平成27年3月30日 水道部規程第5号
平成28年4月1日 上下水道部規程第3号
平成29年4月1日 上下水道部規程第4号