○舞鶴市2020東京五輪ホストタウン推進本部規程

平成30年3月30日

訓令甲第4号

(設置)

第1条 2020東京五輪におけるウズベキスタン共和国のホストタウンとしての機能の充実を図るとともに、当該大会の参加国・地域との人的・経済的・文化的な相互交流を推進するため、舞鶴市2020東京五輪ホストタウン推進本部(以下「推進本部」という。)を置く。

(所掌事務)

第2条 推進本部の所掌事務は、次のとおりとする。

(1) ホストタウンの運営に係る企画立案に関すること。

(2) ホストタウンに関する情報の収集及び発信に関すること。

(3) ホストタウンに関する連絡及び調整に関すること。

(4) ウズベキスタン共和国との相互交流の推進に関すること。

(5) 前各号に掲げるもののほか、市長が必要と認める事項に関すること。

(組織)

第3条 推進本部は、本部長及び本部員をもって組織する。

2 本部長及び本部員は、職員のうちから市長が任命する。

(本部長)

第4条 本部長は、推進本部の事務を総理する。

(会議の招集)

第5条 推進本部の会議(以下「会議」という。)は、本部長が招集する。

2 本部長は、必要があると認めるときは、本部員以外の職員で、事案に関係のあるものを会議に出席させ、意見を聞くことができる。

(庶務)

第6条 推進本部の庶務は、市民文化環境部地域づくり・文化スポーツ室スポーツ振興課において処理する。

(その他)

第7条 この訓令に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この訓令は、平成30年4月1日から施行する。

舞鶴市2020東京五輪ホストタウン推進本部規程

平成30年3月30日 訓令甲第4号

(平成30年4月1日施行)

体系情報
第10編 育/第5章
沿革情報
平成30年3月30日 訓令甲第4号