ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

舞鶴市ホームへ

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 文字サイズ

  • 背景色

スマートフォン表示用の情報をスキップ

あしあと

    舞鶴引揚記念館・平和祈念展示資料館(総務省委託)共同企画映像作品戦後75年『私たちが伝える記憶 シベリア抑留をたどって』の公開について

    • [2021年3月30日]
    • ID:8254

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

    戦後75年『私たちが伝える記憶 シベリア抑留をたどって』の公開について

     舞鶴引揚記念館では国内外の施設と連携しながら、引き揚げ及びシベリア抑留の史実や平和の願いを発信しており、戦後75年となる2020年、平和祈念展示資料館(総務省委託・東京都新宿区)と戦争体験の継承をテーマにした映像作品を共同で企画・制作しました。

     引揚記念館と平和祈念展示資料館の公式YouTubeチャンネルで公開しますので、ぜひ、ご覧ください!


    【舞鶴引揚記念館ホームページ】

    下記をクリックしてください。

    http://m-hikiage-museum.jp



    戦後75年『私たちが伝える記憶 シベリア抑留をたどって』の概要 

     大学の課題で戦争をテーマに選んだ東京に住む一人の大学生が、戦後75年が経ち、戦争について調べるなかで、自身の体験を語るシベリア抑留体験者や体験者の思いを引き継ぎ語り部サポーターとなった中学生、戦争を描く漫画家たちと出会います。

     消えゆく記憶を後世に残そうとする人々の姿にふれ、自分の言葉で戦争を伝える側に立ちたいと、大学生は歩み始めます。



    出演者

    山本 阿実 さん(城西国際大学)

    舞鶴市撮影部分の出演者

    ・安田重晴氏(シベリア抑留体験者)

    ・NPO法人舞鶴・引揚語りの会サポーター(中高生語り部)

    企画

    平和祈念展示資料館、舞鶴引揚記念館

    作品時間

    約36分

    制作

    とっておき株式会社


    お問い合わせ

    舞鶴市役所産業振興部舞鶴引揚記念館

    電話: 0773-68-0836

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム


    ページの先頭へ戻る

    〒625-8555 京都府舞鶴市字北吸1044番地

    電話:0773-62-2300(代表)

    法人番号:4000020262021

    このホームページに関するお問い合わせ・ご意見は

    舞鶴市役所 市長公室 広報広聴課

    電話:0773-66-1041

    舞鶴市の地図

    Copyright © 舞鶴市役所 All Right Reserved