ページの先頭です
メニューの終端です。

H30 妊娠から出産までのサービス(保健センター)

[2018年4月2日]

ID:3885

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

妊娠から出産までのサービス(保健センター)

妊娠届と母子健康手帳の交付

医療機関を受診し、妊娠していることがわかったら早めに保健センターの窓口へ妊娠の届出をしてください。母子健康手帳を交付します。

「妊娠届出書」は、受診した医療機関で出産予定日等必要事項を記入しお渡しします。

 

※マイナンバー制度の開始により平成28年1月1日から妊娠届出時に妊婦本人の個人番号(マイナンバー)の記入と本人確認が必要になりました。

妊婦ご本人が窓口に来られない場合は、代理の方でも届け出は可能ですが、委任状とその他必要なものがあります。

持ち物など詳しくは「妊娠届出時のマイナンバー確認について」をご覧ください。

妊娠届出時のマイナンバー確認について

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

妊婦健康診査受診券の交付

妊娠届の提出により、妊婦健康診査受診券を交付いたします。妊婦健診受診時に、「妊婦健康診査受診券」を提出すると、妊娠週数に応じて14回まで健診にかかる費用を公費負担します。(ただし、京都府内の医療機関にて)

ただし、受診券に記載されていない検査などを受けられた場合は、自己負担が必要となります。


※府外の医療機関で受診される場合は、「妊産婦健康診査受診券」が利用できません。ただし、出産後1年以内に申請された場合は、市が定める公費負担額を上限に検診費用を助成(償還払い)します。詳しくは下記PDFファイルをご覧いただくか、舞鶴市保健センターまでお問い合わせください。

里帰り出産等に伴う妊婦健康診査費用の助成について

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

受診医療機関提出書類

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

妊婦健康診査費用助成申請書

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

妊産婦歯科健康診査

舞鶴市内の協力歯科医療機関で「妊産婦歯科健康診査受診票」を提出すると、受診期間内に1回無料で歯科健診を受けることができます。

詳しくは「妊産婦歯科健康診査のご案内」をご確認ください。

入院助産制度

経済的理由により、病院などでの出産が困難な妊婦の方を対象に、指定の助産師施設において出産していただき、入院・出産費用を助成します。(*入院前に手続きが必要です。)

【対象】

市内に住民登録があり、市民税非課税世帯、所得材非課税世帯または生活保護世帯の方等。

ただし、所得税非課税世帯で社会保険から出産育児一時金が404,000円以上給付される場合は利用できません。

【実施施設】

舞鶴共済病院・舞鶴医療センター

【窓口】

市役所こども支援課子ども福祉係または西支所保健福祉係

※申請時には、マイナンバー制度により本人および同じ世帯の方のマイナンバーの確認が必要です。

産後ケア事業

出産後から生後4か月までの母子が、産科医療機関等において心身の回復をはかり、授乳指導や育児指導の必要性があり日帰りや宿泊によるサービスを受けた場合、費用の一部を公費負担します。

【期間】

出産後~生後4か月頃までの間に概ね7日間

【自己負担金】

宿泊型:1日あたり10,000円

     (生活保護世帯や非課税世帯は、3,000円)

日帰り型:1日あたり6,000円

     (生活保護世帯や非課税世帯は、1,500円)

※この事業を実施するにあたり、宿泊型は30,000円、日帰り型は15,000円かかっています。自己負担金以外は市が公費負担します。

【対象者】

市内に住民登録がある出産後から生後4か月までの母子のうち、次に該当する方(医療が必要な方は除く)

  1. 身体的な不調や回復の遅れがあり休養が必要な方
  2. 心理的な不調があり身近に相談者がいない方
  3. 授乳が困難で乳房ケアや授乳指導が必要な方
  4. 産婦健康診査において心身のケアや保健指導が必要だと判断された方

【内容】

  1. 母親の身体的ケアおよび保健指導、栄養指導
  2. 母親の心理的ケア
  3. 適切な授乳が実施できるためのケア(乳房ケア含む)
  4. 育児の手技についての具体的な指導および相談

妊婦教室

妊娠中の不安や悩みについて妊婦さん同士や先輩ママと交流し、これからの妊娠生活が楽しく過ごせるよう、出産後の生活をイメージしていただきながら仲間づくりができる教室です。また、お口のケアや健康的な食生活を送るための話なども行っています。

詳しくは「妊婦教室」をご覧ください。

もうすぐパパママ教室

始めてパパ・ママになられる方が安心して出産・育児を行えるように、実物大の赤ちゃん人形を使って、お風呂の入れ方等を実際に体験していただく教室です。

また、妊娠シミュレーターを使った妊婦体験や、妊娠中の食事の話などの説明も行っています。

詳しくは「もうすぐパパママ教室~育児準備教室~」をご覧ください。

助産師相談

妊娠中の体や心の変化、出産のこと、出産後の生活をイメージした時の不安など、助産師が個別に相談に応じます。

詳しくは「助産師相談」をご覧ください。

妊産婦・新生児訪問

助産師(または保健師)がご家庭に訪問して、妊娠中のご相談、お子さんの体重計測や育児、産後の体調・母乳などについてご相談に応じています。訪問をご希望の方は、舞鶴市保健センターまでご連絡ください。

詳しくは下記PDFファイルをご覧ください。

新生児訪問について

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

上記サービスはそれぞれの窓口にお問い合わせください。

舞鶴市保健センター℡(0773)65-0065

※制度改正等にともない、内容が変わる場合があります。

お問い合わせ

舞鶴市役所健康・子ども部健康づくり課(保健センター)

電話: 0773-65-0065

ファックス: 0773-62-0551

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

組織内ジャンル

健康・子ども部健康づくり課(保健センター)


H30 妊娠から出産までのサービス(保健センター)への別ルート