ページの先頭です
メニューの終端です。

子宮頸がん検診は1月末まで!

[2019年1月8日]

ID:4872

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

子宮頸がんについて

子宮頸がんは20代後半以降から増えるがんです。

子宮頸がんは20歳を過ぎてから増加し、40歳頃がピークとなります。特に20~30歳代の女性特有のがんの中でも罹患率が高い病気です。日本では毎年10,000人が子宮頸がんに罹患するという統計も出ています。

子宮頸がんはHPV(ヒューマンパピローマウイルス)への感染がきっかけとなります。感染してもほとんどの場合は一過性ですが、ごく一部の人で感染が持続し、長期間を経てがんに至ることがあります。HPVは、一度でも性交渉の経験があれば感染している可能性があります。

年齢階級別罹患率(2014年)

子宮頸がんは、早期のうちはほとんど自覚症状がありません。

「特に異常がないから大丈夫」そう思っていませんか?子宮頸がんは早期では自覚症状がないため、「異常を感じたら」では手遅れになる場合があります。早期に見つけるには、検診を受けることが最善の方法です。

子宮頸がんは、早期のうちに治療すれば、90%以上が治癒します。

子宮頸がんが進行すると、子宮摘出手術が必要となる場合もありますが、早期のうちに治療すれば、子宮を摘出せずに治癒できるため、妊娠・出産も可能です。

多くのがんは、2年に1度の検診で早期発見できます。ただし、中には急激に大きくなるものもあるため、もし異常を感じたら病院へ行きましょう。

ぜひ、あなたの大切な身体のために、「子宮頸がん検診」を受けてください。

平成30年度 舞鶴市子宮頸がん検診について

対象

20歳以上の女性(平成11年3月31日以前生まれ)
※2年に1回の検診のため、平成29年度に受診された方は今年度、受診していただけません。
※40歳以上の方は「けんしんパスポート」の子宮頸がん検診に●印がついているか、20~39歳の方は「平成30年度 子宮頸がん検診のご案内」が届いていれば受診が可能です。(受診歴が不明な場合は予約前に必ず保健センターへ確認してください。)

今年度は、舞鶴市より約6,700円の助成があります!

自己負担金 700円

子宮頸がん検診は助成がない場合、約7,400円の高価な検査ですが、舞鶴市より約6,700円の助成があるため、自己負担金700円で受診できます。

・検査費用7,376円-6,676円=700円(自己負担金)


以下の方は無料です。

  1. 今年度70歳以上の方(昭和24年3月31日以前生まれ)
  2. 平成30年度市民税非課税世帯、生活保護世帯の方
    (あらかじめ確認の手続きが必要ですので、該当される方は検診10日前までに保健センターにご連絡ください。)
  3. 65歳以上70歳未満の方(昭和24年4月1日~昭和29年3月31日生まれ)で身体障害者手帳1級、2級、3級、または療育手帳Aをお持ちの方
    (お持ちの方は受診時に手帳をお持ちください。)
  4. 舞鶴市国民健康保険にご加入の方
    (受診時に、国民健康保険証をご持参ください。)

検診内容

  • 問診
  • 視診
  • 子宮頸部の細胞診及び内診

検査時間は15分程度。大きめの綿棒で子宮の入り口を軽くこすって細胞を採取するため、痛みはそれほどありません。

実施期間・場所など

実施期間:平成31年1月31日(木)まで
場所:下記の協力医療機関

持ち物:健康保険証

     (40歳以上の方)けんしんパスポート または、(20~39歳の方)平成30年度 子宮頸がん検診のご案内

市内協力医療機関

医療機関名

住所・電話

検診曜日・診療時間

片山産婦人科

【予約優先】

倉谷400-1

℡ 77-2628

■月・水・金曜日

 (午前)10時~12時 (午後)4時~6時

■火・木曜日

 (午前)10時~12時

白鳥産婦人科

上安1700

℡ 76-1111

■月・火・木・土曜日

 (午前)9時~(午後)1時 (午後)4時~7時

■水・金曜日

 (午前)9時~(午後)1時

隅山医院

松陰5-4

℡ 75-1298

■月・火・水・金曜日

 (午前)9時~11時30分 (午後)4時~6時30分

■木・土曜日

 (午前)9時~11時30分

舞鶴医療センター

【予約制】

行永2410

℡ 62-2680

■火・木・金曜日

 (午前)9時~11時30分

舞鶴共済病院

【予約制】

浜1035

℡ 62-2510

1.検診のみ希望される方

 ■月・木曜日 (午後)2時~3時30分

2.検診と受診を希望される方

 ■月~金曜日 (午前)8時30分~11時30分

注意事項

1.子宮摘出をされている方は、検診の必要性について、主治医と相談してください。

2.正確な検査実施のため、生理中に検診を受診することは、できる限り避けてください。

お問い合わせ

舞鶴市役所健康・子ども部健康づくり課(保健センター)

電話: 0773-65-0065

ファックス: 0773-62-0551

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


子宮頸がん検診は1月末まで!への別ルート