ページの先頭です
メニューの終端です。

風水害に備えて

[2019年6月4日]

ID:1399

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

風水害に備えて

避難情報について

舞鶴市では、気象情報や河川の水位、京都府の土砂災害発生予測等を総合的に判断し、警戒レベルで避難情報を発表します。あらかじめ、ご理解いただき、早め早めの対応をお願いします。
避難情報について
種類内容市民の皆様に求める行動 

 警戒レベル3

【高齢者等避難】

(避難準備・高齢者等避難開始)

○○による大雨に伴い、本日○○時○○分、○○地区に警戒レベル3 避難準備・高齢者等避難開始を発表しました。

○○地区の高齢者の方など、避難に時間のかかる方は避難を開始してください。その他の方は、避難の準備を始めてください。

・高齢者や障害のある方など、避難に時間のかかる方は、避難所等へ避難してください。

・その他の人は避難の準備をしてください

 警戒レベル4

【全員避難】

(避難勧告・避難指示(緊急))

緊急放送、緊急放送、○○地区に警戒レベル4 全員避難

○○地区で土砂災害の危険度が非常に高くなったため、土砂災害に関する警戒レベル4、避難勧告を発表しました。(●●川で氾濫の危険度が非常に高まったため)

・全員が避難所等へ避難してください。

・夜間などで移動が困難な場合は、自宅のより安全な場所へ避難してください。

 警戒レベル5

【災害発生情報】

緊急放送、緊急放送、警戒レベル5 災害発生

○○地区で土砂災害が確認されました(●●川が氾濫しました)。命を守る最善の行動をとってください

・命を守るために最善と考えられる行動をとってください

避難にあたっては

 避難にあたっては、自分の身は自分で守る「自助」、家族の命は家族で守る・自分たちの地域は自分たちで守る「共助」を基本とし、隣近所で声を掛け合い、助け合うなど、余裕を持った対応を心がけてください。
 警報発表時や台風接近時には、テレビやラジオからの情報に耳を傾け、早め早めの対応をお願いします。そのほか、既に配布しました洪水ハザードマップも日頃の備えや避難にご活用ください。
 警戒レベル4が発表された場合は、市、警察や消防、消防団の指示に従って行動してください。もし、避難路が浸水していたり、夜間で安全が確認できなかったり避難が危険と思われる場合は、状況に応じて建物の2階以上や隣近所へ避難するなどの行動(垂直避難など)をとるようにしてください。

避難所の開設について

 舞鶴市では、避難情報を発表した地域の避難所を開設することとしています。
 避難所については、下記リンク先をご覧ください。

 ◎避難所一覧(別ウインドウで開く)

  なお、舞鶴市では避難情報の発表以前であっても、自主的な避難のために必要に応じて、次の施設を開設することとしています。

自主避難所一覧
施 設 名所 在 地
大浦会館
南公民館
中総合会館 余部下 
西支所 南田辺 
加佐公民館志高

避難情報の伝達について

舞鶴市からの避難情報や警戒の呼びかけは、次の方法で伝達します。
・テレビやラジオ
・舞鶴市ホームページやまいづるメール配信サービス
・防災行政無線
・広報車
・自治会長や自主防災組織からの連絡
・消防署や消防団からの連絡 等

避難時の持ち出し品について

日ごろから非常時持出品を準備しておきましょう。主なものは次のとおりです。

また、持出品はすぐに取り出せるところに保管しておきましょう。

  • 貴重品(現金、保険証、通帳、印鑑 等)
  • 食料(1~3食分)、飲料水(ペットボトル)
  • 衣類、着替え
  • ラジオ、懐中電灯や予備電池
  • 常備薬 等
    (※)上記のほか、粉ミルクや紙おむつなど事情に応じて準備してください。

情報の入手方法について

  台風や大雨の時は、最新で正確な情報に注意し、自分や家族の安全を守りましょう。

 河川水位情報、避難情報、気象情報、地震・津波情報などは、テレビ(データ放送)やラジオのニュースのほか、インターネット(パソコン、スマートホン)、携帯電話などで簡単に入手できます。
 防災ガイドブック(抜粋版)(別ウインドウで開く)をご覧いただき、警報発表時や台風接近時には、自ら避難情報や気象情報の入手に努めていただくようお願いします。

 (参考)防災情報掲載ページ

お問い合わせ

舞鶴市役所市長公室危機管理・防災課

電話: 0773-66-1089

ファックス: 0773-64-7688

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

組織内ジャンル

市長公室危機管理・防災課