ページの先頭です
メニューの終端です。

第4期舞鶴市地球温暖化対策実行計画(事務事業編)を策定しました

[2019年4月1日]

ID:5107

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

第4期舞鶴市地球温暖化対策実行計画(事務事業編)を策定

 舞鶴市の事務・事業から発生する温室効果ガスの削減など環境負荷の低減を図るための計画である「舞鶴市地球温暖化対策実行計画(事務事業編)」につきまして、第3期計画が平成31年3月末で期間満了となることから、国内外の動向や取組の進捗等を踏まえた上で「第4期舞鶴市地球温暖化対策実行計画(事務事業編)」を策定しましたのでお知らせいたします。


計画概要

計画期間

■基準年度  2013年度

■目標年度  2030年度

■計画期間  2019年度~2030年度

■第4期計画期間  2019年度~2022年度

  【第5期】2023年度~2026年度  【第6期】2027年度~2030年度

■中間目標年度  2022年度(第4期計画期間最終年度)

対象

■事務・事業

  本市の実施する全ての事務・事業(指定管理者制度導入施設を含む)

■組織

  本市の事務・事業を行う全ての組織

■施設

  本市が所有または貸借している全ての施設(指定管理者制度導入施設を含む)

■温室効果ガスの種類

  二酸化炭素、メタン、一酸化二窒素、ハイドロフルオロカーボン

目標

市の事務・事業から排出される温室効果ガスの削減目標(2013年度比)

■温室効果ガス総排出量

  2022年度までに20.8%、2030年度までに32.3%の削減

■エネルギー起源CO2(化石燃料の燃焼や電気の使用等に伴って排出されるCO2)

  2022年度までに25.2%、2030年度までに40.0%の削減

取組内容

以下の7つの基本方針を定めて取組を推進

 ■省エネ・省資源の取組の推進

 ■施設・設備の省エネ対策

 ■再生可能エネルギーの導入拡大

 ■グリーン購入、環境配慮契約の推進

 ■環境マネジメントシステムの運用

 ■その他の環境負荷低減に向けた取組

 ■職員の環境意識啓発

進捗管理の仕組み

 舞鶴市地球温暖化対策推進委員会及び各職場等の実施体制を整備し、環境マネジメントシステムによるPDCA(計画、実施、点検、見直し)のサイクルで取組を推進。

第4期舞鶴市地球温暖化対策実行計画全文

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

組織内ジャンル

市民文化環境部生活環境課


第4期舞鶴市地球温暖化対策実行計画(事務事業編)を策定しましたへの別ルート