ページの先頭です
メニューの終端です。

映画「ぼくはうみがみたくなりました」を視聴覚ライブラリに追加しました!

[2020年9月4日]

ID:6938

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

星空映画上映会で上映した「ぼくはうみがみたくなりました」が貸し出し可能になりました。

dvd表紙の画像

 2020年8月29日(土)の夜に上映した映画「ぼくはうみがみたくなりました」が、舞鶴市の人権視聴覚教材として貸し出し可能となりました。
「来られなかったあの人にも見せてあげたい」「この映画を使ってミニ上映会をやりたい」というご要望をお待ちしています。(個人への貸し出しもOKです)

研修会等のご相談もたまわります。
人権啓発推進課TEL66-1022までお問合せください。

内容紹介

映画の一場面

出演/大塚ちひろ、伊藤祐貴
   大森暁美、秋野太作
原作/山下久仁  監督/福田是久
2009年/103分 ぼくはうみがみたくなりました製作実行委員会

 映画は自閉症の青年「淳一」と、たまたま知り合った看護学生「明日美」が、ひょんなことから海を見るために、黄色いステップワゴンでドライブに出かける物語。しかし、彼の言動は少し変だ。いや少しどころじゃない・・。一人の自閉症の青年をめぐるドタバタ劇が、旅先で出会う人たちとの交流をとおして、何も知らなかった明日美が、徐々に自閉症について理解していく様子が描かれています。時にユーモラス、時に厳しく、そして温かく。心が少し優しくなれる感動のストーリー。

お問い合わせ

舞鶴市役所市民文化環境部人権啓発推進課

電話: 0773-66-1022

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


映画「ぼくはうみがみたくなりました」を視聴覚ライブラリに追加しました!への別ルート