ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

舞鶴市ホームへ

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 文字サイズ

  • 背景色

スマートフォン表示用の情報をスキップ

あしあと

    事業再構築補助金について(経済産業省)

    • [2021年3月2日]
    • ID:8073

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

    企業の思い切った事業再構築を支援します

    ポストコロナ・ウィズコロナの時代の経済社会の変化に対応する、新分野展開や業態転換、事業・業種転換等の取組、事業再編又はこれらの取組を通じた規模の拡大等を目指す企業・団体等の新たな挑戦を支援するための補助金です。

    主な申請要件

    1.申請前の直近6か月間のうち、任意の3か月の合計売上高が、コロナ以前(2019年又は2020年1~3月)の同3か月の合計売上高と比較して10%以上売上が減少していること

    2.事業再構築指針に沿った新分野展開、業態転換、事業・業種転換等、事業再構築に取り組むこと

    3.認定経営革新等支援機関や金融機関と一体となって事業計画を策定する


    ※認定経営革新等支援機関については、こちらをご覧ください。(別ウインドウで開く)


    補助額及び補助率

    【中小企業】

    通常枠:補助額100万円~6,000万円 補助率2/3
    卒業枠:補助額6,000万円超~1億円 補助率2/3

    【中堅企業】

    通常枠:補助額100万円~8,000万円 補助率1/2(4,000万円超は1/3)
    グローバルV字回復枠:補助額8,000万円超~1億円 補助率1/2

    【緊急事態宣言特別枠】

    上記1から3の申請要件に加え、緊急事態宣言に伴う飲食店の時短営業や不要不急の外出・移動の自粛等により影響を受けたことにより、
    令和3年1~3月のいずれかの月の売上高が対前年または前々年の同月比で30%以上減少している事業者を対象とし、補助率を引き上げた特別枠が設けられています。


    補助対象経費

    【主要経費】
    ●建物費(建物の建築・改修に要する経費)、建物撤去費、設備費、システム購入費
    【関連経費】
    ●外注費(製品開発に要する加工、設計等)、技術導入費(知的財産権導入に係る経費)
    ●研修費(教育訓練費等)、広告宣伝費・販売促進費(広告作成、媒体掲載、展示会出展等)
    ●リース費、クラウドサービス費、専門家経費


    補助金活用イメージ

    ◎居酒屋を経営していたところ、コロナの影響で売上が減少

        ⇒店舗での営業を廃止。オンライン専用の弁当の宅配事業を新たに開始

    ◎紳士服販売業を営んでいたところ、コロナの影響で売上が減少

        ⇒店舗での営業を縮小し、紳士服のネット販売事業やレンタル事業に、業態を転換

    ◎ガソリン販売を営んでいたところ、コロナの影響で売上が減少
        ⇒新規にフィットネスジムの運営を開始。地域の健康増進ニーズに対応

    ◎タクシー事業を営んでいたところ、コロナの影響で売上が減少
        ⇒新たに一般貨物自動車運送事業の許可を取得し、食料等の宅配サービスを開始


    その他

    申請はすべて電子申請となります。3月公募開始予定です。

    その他、詳しくは経済産業省ホームページをご覧ください。→こちら(別ウインドウで開く)



    ページの先頭へ戻る

    〒625-8555 京都府舞鶴市字北吸1044番地

    電話:0773-62-2300(代表)

    法人番号:4000020262021

    このホームページに関するお問い合わせ・ご意見は

    舞鶴市役所 市長公室 広報広聴課

    電話:0773-66-1041

    舞鶴市の地図

    Copyright © 舞鶴市役所 All Right Reserved