ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

舞鶴市ホームへ

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 文字サイズ

  • 背景色

スマートフォン表示用の情報をスキップ

あしあと

    小児科医師がお答えします 小児【5歳~11歳】の新型コロナワクチン接種Q&A

    • [2022年6月27日]
    • ID:9888

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

    小児【5歳~11歳】の新型コロナワクチン接種について

    5歳~11歳の方も新型コロナワクチンが受けられるようになりました。本市でも3月から集団接種が始まり、これまでに対象者の3割にあたる方が接種をされました。
    一方で、「新しいワクチンなので、受けようかどうか迷っている」「最近、感染者が減ってきたから、受けなくてもいい?」「コロナにかかったけど、受けても大丈夫?」という声も聞かれます。
    そこで、小児科医師の立場から、小児の新型コロナワクチン接種に関するみなさんの疑問にお答えします。

    子どもへの接種にあたっては、医師も丁寧な説明と慎重な対応を行っています。接種を検討されるにあたり大切な情報をまとめていますので、効果と副反応のリスクを正しく理解して、接種するかどうか判断いただければと思います。

    小松先生

    小松博史先生(小児科医)

    独立行政法人 国立病院機構 舞鶴医療センター 副院長

    小児科専門医・指導医(日本小児科学会)、腎臓専門医(日本腎臓学会)

    インフェクション・コントロール・ドクター(感染制御ドクター ICD)

    子どもの新型コロナウイルス感染症の今の問題点は何ですか

    ●新型コロナウイルス感染症に罹患した子ども達の中でも、長引く頭痛、倦怠感、食欲減少・下痢・腹痛などの症状を訴え、登園・登校しにくくなったり、週末になったらぐったりしているなどの罹患後症状(いわゆる後遺症)を訴えるケースを診察することが最近多くなっています。

    ●オミクロン株の流行以降は感染者が増えたことでクループ、肺炎、けいれん、嘔吐・脱水などを併発し治療を必要とする子どもの数が増えています。
    ●発熱の頻度が高く、熱性けいれんの報告数が多くなっています。
    ●2歳未満と基礎疾患がある子どもの重症化リスクが高いことが報告されています。
    ●行動制限が子どもに直接的・間接的に与える身体的あるいは精神的な影響が懸念されています。


    ワクチン

    新型コロナワクチン接種は子どもにどのような効果がありますか

    オミクロン株の流行がメインになってからは、感染予防効果は31%, 発症予防効果は51%,入院予防効果は74%と報告されています。 
    また5~11歳の小児では推定有効率は接種2~4週後で60.1%、接種2か月後で28.9%と報告されました。接種2か月後の有効率が低くなっていますが、実は12~15歳の接種2か月後の有効率よりも高いのです。しかしこのデータからは小児でも追加接種が必要な可能性があります。
    18歳以上での検討ですが、ワクチン接種が罹患後症状(いわゆる後遺症)による健康負担を軽減する可能性があると報告されています。

    子どもに接種

    子どもに対する新型コロナワクチン接種ではどのような副反応がありますか

    米国でのデータになりますが、昨年11月からの約1.5か月間で約870万回が接種され、42,504人のデータが得られています。
    それによると発熱は1回目接種後7.9%,2回目接種後13.4%に認められ、2回の接種で局所反応が57.5%,全身反応が40.9%でした。
    同時期に4,249件の副反応疑い報告がありましたが、そのうち97.6%は重篤でなく、重篤と報告された2.4%(100件)のうち、最も多かったのは発熱でした。

    先生

    接種するかどうか迷っています…

    次のようなことを考えてみてください。
    ・ 持ち込まれると困る人が家庭内にいないか考えてみてください。例えば妊婦さん、新生児、基礎疾患のある家族、受験生、高齢者など。
    ・ 実際にかかってできる免疫の方がワクチンによる免疫よりも強いことはありません。
    ・ 情報は信頼できる情報源から得ましょう。巧妙な言い換えにより不安をあおる情報が多くあります。

    例:「長期的な副反応は厳密にはわからない」→「将来副反応が出る可能性がある」など。
     ・接種について、お子様の健康状態をよく知っていただいているかかりつけ医に相談するのが良いでしょう。

     ・子どもを新型コロナウイルス感染症から守るためには周囲の大人のワクチン接種も大切です。

    悩む母

    ページの先頭へ戻る

    〒625-8555 京都府舞鶴市字北吸1044番地

    電話:0773-62-2300(代表)

    法人番号:4000020262021

    このホームページに関するお問い合わせ・ご意見は

    舞鶴市役所 市長公室 広報広聴課

    電話:0773-66-1041

    舞鶴市の地図

    Copyright © 舞鶴市役所 All Right Reserved