ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

舞鶴市ホームへ

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 文字サイズ

  • 背景色

スマートフォン表示用の情報をスキップ

あしあと

    市長の主な活動(平成24年3月)

    • [2016年4月13日]
    • ID:112

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

    3月29日(木曜日)ポーツマス市英語研修参加者が帰国報告

    平成24年3月の市長の活動の様子1

    参加者から報告を受ける

    3月17日~26日に姉妹都市ポーツマス市(英国)を訪問していた青少年英語研修参加者16人が、帰国報告のため市役所を訪れました。「感謝の心を持ち続け、この経験を生かして広い視野で将来の目標と夢を選択してください」とあいさつしました。
    参加者らは、「これまで以上に英語が好きになった」「将来は通訳ができるようになっていろんな国で働きたい」など、感想や抱負を述べました。(市役所本館)
    【担当:観光商業課】

    3月29日(木曜日)文化のまちづくりワークショップ 骨子まとまる

    平成24年3月の市長の活動の様子2

    あいさつの様子

    文化のまちづくりワークショップ(15人)から、本市において文化のまちづくりを推進するための文化振興指針の策定に向けた骨子が提出されました。「先人 が築き上げてきた豊富な文化資源を活用・保存し、今後、骨子をもとに舞鶴らしい文化を生かしたまちづくりの指標となる指針を策定いたします」とあいさつし ました。(市役所本館)

    《骨子の概要》

    • 理念
      ・すべての市民が文化を楽しみ、創造に参加できるまち 舞鶴
      ・まちを誇りに思い、愛着を感じられる文化都市 舞鶴
    • 文化振興の柱
      ①文化に参加する
      ②文化を創造する
      ③文化でつながる
      ④文化のまちづくり
      ⑤舞鶴らしさを感じる

    【担当:企画政策課】

    3月21日(水曜日)緑の募金による木製玩具を寄贈

    平成24年3月の市長の活動の様子3

    木製玩具を寄贈(やまもも保育園)

    次代を担う子どもたちに森林や自然を大切にしようとする心を育んでもらうため、「緑の募金」を活用し購入した木製玩具をやまもも保育園に寄贈。「おいしい 水が飲めるのも、きれいな空気が吸えるのも、森の緑が元気いっぱい生きているからです。森を守っていくためには、大きくなった木を切ったりして山を手入れ しなければなりません。今日お渡しするおもちゃも、緑を守る作業の中で、作られたものです。皆さんもこのおもちゃで元気いっぱい遊んで、将来は緑を大切に する立派な大人になってください」とあいさつしました。
    木製玩具は市内の認可保育園17園に寄贈します。
    【担当:緑化推進委員会(農林課内)】

    3月18日(日曜日)電気自動車ラッピングデザイン表彰式およびお披露目式を開催

    平成24年3月の市長の活動の様子4

    最優秀賞を受賞した梅田智久さんと撮影

    市では、「環境にやさしいまち 舞鶴」をPRするため電気自動車1台を購入し、市民の皆さんに親しまれ、環境にやさしい未来を考えるきっかけとなるよう、電気自動車のラッピングデザイン を募集。96作品の応募の中から空のきれいな山をイメージした梅田さんのデザインを選定し、表彰式およびお披露目式を開催しました。「素晴らしいデザイン の電気自動車ができ上がりました。明日から、この電気自動車が市内を走り回ります。今後は、電気自動車の普及に努め、きれいな空気で住みよい舞鶴にしてい きたいと思います」と述べました。その後、参加者らは電気自動車に試乗し、静かさなどを体感しました。
    また、市外からも電気自動車に乗って舞鶴を訪れてもらうため、電気自動車用の急速充電器を設置しました。(市役所玄関前)
    【担当:生活環境課】

    3月15日(木曜日)青少年英語研修参加者にエール

    平成24年3月の市長の活動の様子5

    参加者にエール

    3月17日(土)から10日間、姉妹都市・ポーツマス市(英国)でホームステイをしながら英語研修に参加する16人が市役所を訪問。「英語はコミュニケー ションをとるための重要な言語です。しっかりと勉強し、この貴重な経験を通して広い視野を持って今後に生かせるよう頑張ってください」と参加者を激励しま した。(市役所本館)
    【担当:観光商業課】

    3月7日(水曜日)市内初!舞鶴市消防団協力事業所を認定

    平成24年3月の市長の活動の様子6

    認定した4事業所

    消防団協力事業所表示制度に基づき、地域の消防団活動に積極的に協力いただいている京都丹の国農業協同組合、京都北都信用金庫、日本板硝子(株)舞鶴事業 所、ユニバーサル造船(株)舞鶴事業所、の4事業所を市内で初めて「舞鶴市消防団協力事業所」に認定し、表示証を交付しました。
    表示証の交付にあたり、「東日本大震災における消防団の懸命な活動は、多くの国民からも高く評価されています。しかし、地元消防団の活動に対しては、団 員の高齢化や担い手不足など多くの課題もあります。市としては、市民の安全・安心な暮らしを確保するためにも、今後、さらなる消防団活動の活性化に向けさ まざまな施策を進めたいと考えています。事業所の皆様にも引き続き消防団活動に対するご理解とご協力をお願いします」と協力を呼びかけました。
    市では、引き続き協力事業所を募集し、消防団活動への理解と協力を求め、さらなる安心・安全なまちづくりを進めていきます。(市役所別館)
    【担当:消防本部】

    3月6日(火曜日)全国競技大会出場者激励会を開催

    平成24年3月の市長の活動の様子7

    選手たちを激励

    ボートやソフトボール、ウエイトリフティング競技などで全国大会に出場する皆さんの激励会を開催。「体調を万全にし、普段の力が精一杯出せるよう頑張って ください。健闘を祈ります」と選手たちにエールを送りました。選手たちは「練習の成果を発揮し、良い成績が残せるよう頑張ります」と意気込みを語ってくれ ました。(市役所本館)
    【担当:スポーツ振興課】

    3月1日(木曜日)市議会3月定例会が開会

    平成24年3月の市長の活動の様子8

    35議案を提案

    3月1日、市議会3月定例会が開会。本会議で平成24年度一般会計予算案(予算額345億6,174万円)や平成24年度特別会計予算案(予算額274億 9,276万円)、平成23年度一般会計補正予算案(補正額5億686万円)、舞鶴市教育委員会委員定数条例制定など35議案を提案するとともに、市政運 営についての所信を表明。
    「住んでよし、働いてよし、訪れてよしの『選ばれるまちづくり』」を政策目標に、「活力あるまちづくり」、「安心のまちづくり」、「市民に役立つ市役所 づくり」の3つを重点事項として、積極的に施策を展開し、市政推進に取り組んでいく決意を述べました。
    会期は3月28日までの28日間。(市議会議場)
    【担当:議会事務局】


    ページの先頭へ戻る

    〒625-8555 京都府舞鶴市字北吸1044番地

    電話:0773-62-2300(代表)

    法人番号:4000020262021

    このホームページに関するお問い合わせ・ご意見は

    舞鶴市役所 市長公室 広報広聴課

    電話:0773-66-1041

    舞鶴市の地図

    Copyright © 舞鶴市役所 All Right Reserved