ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

舞鶴市ホームへ

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 文字サイズ

  • 背景色

スマートフォン表示用の情報をスキップ

あしあと

    市長の主な活動(平成24年5月)

    • [2016年4月13日]
    • ID:437

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

    5月27日(日曜日)第21回まいづる細川幽斎田辺城まつりに出席

    平成24年5月の市長の活動の様子1

    武者行列に参加

    開会式に参加し、「この田辺城まつりは、田辺城城門の復元を機に、地域の歴史や文化を見直そうと始められ、今では、恒例の市民の祭りとして、すっかり定着し、長年受け継がれてきた伝統文化を肌で感じ、郷土への愛着を育み、まちのにぎわいに繋がることを期待しています。市としましても、地域の皆とともに歴史を感じるまちづくりを進めてまいりますので、ご理解ご協力をお願いします」とあいさつしました。
    その後武者行列に、田辺城主家老役として参加し、市民の皆さんの多くの声援をいただきました。(西市街地周辺) 

    5月25日(金曜日)舞鶴市功労者表彰

    平成24年5月の市長の活動の様子2

    表彰状と記念品を授与

    平成24年5月の市長の活動の様子3

    受賞者と記念撮影

    市制記念日(5月27日)を前に、市の発展に貢献された2人を市功労者として表彰しました。式典では、「舞鶴市は来年、市政施行70周年という記念すべき節目の年を迎えます。先輩諸氏が築かれた礎をもとに、まちの特性や魅力を最大限に発揮し飛躍するためには、本日表彰させていただいたお二人をはじめ、市議会の皆様、そして多くの市民の皆様と行政が一体となって活力あるまちづくりの実現に全力で取り組んでいかなければならないと考えております。西村様、由里様におかれまして、これまでの豊富な経験や卓越した手腕を存分に発揮いただき、今後とも本誌の発展のためにお力添えを賜りますようお願いいたします」と式辞を述べました。
    これで市功労者は82人(物故者を含めると227人)になりました。(市議会議場)
    【担当:秘書課】

    《受賞された皆さん》

    • 西村直之氏(73歳、浜)
       固定資産評価審査委員会委員(平成11年~23年)
    • 由里譽氏(77歳、油江)
       農業員会委員(平成11年~現在)

    5月21日(月曜日)万願寺甘とう初出荷・出発式に出席

    平成24年5月の市長の活動の様子4

    冒頭であいさつ

    京のブランド産品「万願寺甘とう」の初出荷・出発式に出席。「万願寺甘とうが人気を博することは、舞鶴市のPRとなり、感謝しています。品質向上・生産拡大に努力していただいている皆様には、長年培われた技術、販売ルートを生かして、売上高が今後、2億5000万円と拡大することを期待しています。舞鶴の代表的なブランドですので、これからも、ご支援とご協力をよろしくお願いします」と激励の言葉を述べました。(JAにのくに舞鶴万とう選果場)
    【担当:農林課】

    5月19日(土曜日)舞鶴赤れんがパークがグランドオープン

    平成24年5月の市長の活動の様子5

    くす玉を割りオープンを祝う

    平成24年5月の市長の活動の様子6

    多くの来場者でにぎわう

    北吸地区の赤れんが倉庫群一帯が、市の都市公園「舞鶴赤れんがパーク」としてグランドオープン。同日と20日(日)に記念イベントを開催しました。
    19日に赤れんがイベントホールで実施した記念式に出席し「市民のにぎわいと憩いの場として多くの方に利用していただくとともに、文化芸術の発信拠点、観光拠点となることを願います」とあいさつしました。
    同パークは、市の貴重な歴史的遺産である赤れんが倉庫群を次世代に残し伝えていくため、平成19年から保存・活用工事を進めてきたもの。今回、新たにオープンした赤れんが工房では、鉄道フェスタや陶芸体験が、赤れんがイベントホールでは、市民主体の手づくり市「まいづる廿日の市」などが開催され、2日間で約20,100人の来場者でにぎわいました。(舞鶴赤れんがパーク)
    【担当:文化振興課】

    5月15日(火曜日)舞鶴市交通対策協議会を開催

    平成24年5月の市長の活動の様子7

    冒頭であいさつ

    舞鶴市交通対策協議会総会を開催。議長として議事を進行しました。冒頭で、「京都市や亀岡市で痛ましい交通事件がありましたが、市民の皆さま一人ひとりに交通安全に関する関心を深めていただき、ルールを順守していただく必要があると考えています。現在、舞鶴市では5か年の舞鶴市交通安全計画に取り組んでいるところです。これからも各団体との連携を図りながら、計画を推進していきます」とあいさつしました。
    また、交通安全指導員の羽尾和美さんに感謝状を贈呈しました。(総合文化会館)
    【担当:市民相談課】

    5月12日(土曜日)茶摘みに参加

    平成24年5月の市長の活動の様子8

    茶摘みを体験

    ふるさと舞鶴あぐりブランドである「舞鶴茶」の初摘みが八田地区と志高地区の茶園で行われ舞鶴茶生産組合の会員など約100人が参加。八田地区の茶園において、同組合の植和田英子さんに手ほどきを受け茶摘みを手伝いました。
    この日は玉露用の茶葉約80キロが摘まれ、6月に行われる品評会に出品する予定です。(八田地区)
    【担当:農林課】

    5月4日(金曜日)舞鶴つつじまつりに出席

    平成24年5月の市長の活動の様子9

    出席者全員で「市民の歌」を合唱

    第29回舞鶴つつじまつりの開会式に出席。「昭和58年に『つつじ』が市の花に決定されたことを記念し開催されたこのまつりが、今ではすっかりと市民のまつりとして定着し、大勢の人でにぎわうようになりました。これもひとえに地域の皆さんの郷土を愛する心の賜物であり、市としましても、地域の皆さんが中心となって実施されるにぎわいを創出するイベントなどを積極的に支援していきますので、これからもぜひ盛大に続けてください」とあいさつしました。当日は、あいにくの雨模様でしたが、ステージ発表や露店など多彩な催しがあり、たくさんの家族連れらでにぎわっていました。(東舞鶴公園)

    5月1日(火曜日)第83回連合北部舞鶴地域メーデーに出席

    平成24年5月の市長の活動の様子10

    冒頭であいさつ

    第83回連合北部舞鶴地域メーデーに来賓として出席。「市の産業を盛り立てていくことが、雇用の増加につながると考えています。市としましても、総力を挙げて取り組みますので、お力添えをお願いします」とあいさつしました。(前島みなと公園)

    5月1日(火曜日)消防団長任命式

    平成24年5月の市長の活動の様子11

    辞令を交付

    本年度より、新たに4名を消防団長として任命。「昨年の東日本大震災では、約250名もの消防団員の皆さんの尊い命が失われました。今日から団の最高幹部となられた皆様には団員の安全管理と、時には潔く退く勇気も必要であることを十分に留意してください。災害はいつ発生するか分かりません。大きな災害になればなるほど、その対応は日頃の訓練が問われます。厳選な規律と指揮・命令のもと、地域住民の信頼と期待に十分応えて行って下さい」と訓示を述べました。(市役所別館)
    【担当:消防本部】


    ページの先頭へ戻る

    〒625-8555 京都府舞鶴市字北吸1044番地

    電話:0773-62-2300(代表)

    法人番号:4000020262021

    このホームページに関するお問い合わせ・ご意見は

    舞鶴市役所 市長公室 広報広聴課

    電話:0773-66-1041

    舞鶴市の地図

    Copyright © 舞鶴市役所 All Right Reserved