ページの先頭です
メニューの終端です。

市長の活動から(平成31年1月)

[2019年2月21日]

ID:4915

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

1月13日(日曜日)平成31年消防出初式

 海上自衛隊舞鶴音楽隊、海上自衛隊第23航空隊、舞鶴海上保安部の皆様にご協力いただき、平成31年舞鶴市消防出初式を開催しました。
式典では、「日頃から消防団員をはじめ、婦人消防隊、さらには自主防災組織の皆様には、消防防災の最前線において、地域の安全・安心を守るため、日夜献身的にご尽力いただいており、皆様方の郷土愛護の精神とたゆまぬご熱意、ご努力に対しまして、深く敬意と謝意を表する次第であります」と式辞を述べました。
 また、潮路通で分列行進、五条海岸一体にて一斉放水を行い、本年が災害のない安全で明るい一年となりますよう祈念しました。

(総合文化会館、潮路通、5条海岸一帯)

【担当:消防本部】

1月13日(日曜日)平成31年舞鶴市成人式

舞鶴市で新たに新成人を迎える1,000人を対象に平成31年舞鶴市成人式を開催しました。

 赤れんが5号棟で執り行われた式典では、新成人にお祝いを述べるとともに「皆さんが、この多くの歴史や文化をはじめとする魅力ある地域資源を有する「ふるさと舞鶴」に誇りと愛着を持ち、たとえ今この地に住んでいなくても、常に舞鶴を想い、いつか「ふるさと舞鶴」に戻り、自らの手で舞鶴市を創造していくことを思い描いていただければと思います」と式辞を述べました。


(赤れんがパーク)

【担当:地域づくり支援課】

1月15日(火曜日)WILLER TRAINS㈱、北近畿タンゴ鉄道㈱、舞鶴市との「緊急時における施設利用等に関する協定」の締結について

平成29年10月の台風21号襲来時、道路冠水で車両が通行できず線路を活用して救急隊員が救助活動を行ったことを受け、緊急時には、列車の運行を停止し、救急隊員などが線路や線路と道路を通行できる軌陸車(きりくしゃ)などの資材を利用し、救助活動や物資運搬をできるようになりました。

両鉄道会社からは「鉄道でなければできないことを模索していました。地域の皆さまに信頼される鉄道会社になれればと思っています」と述べられました。

「舞鶴市は度々災害に見舞われ、災害に強いまちづくりが急務です。河川の増水による道路寸断が多いため、この協定は本市にとって大変有益なものです。さらに安心安全なまちを築けるように努めます」と述べました。

1月22日(火曜日)廃棄物減量等推進審議会

舞鶴市廃棄物減量等推進審議会(期5期)の第1回会議に出席。冒頭で「市では、不燃ごみの分別区分を6種9分別から7種9分別に4月から市内全域で見直そうと進めています。同会議では、本市の廃棄物処理体制について、さまざまな立場からご意見いただきたいと思います」とあいさつしました。
会議では、会長と副会長の選任が行われたほか、市の取り組みやごみ減量・リサイクルをめぐる最近の動向が報告されました。(市役所本館)

【担当:生活環境課】

お問い合わせ

舞鶴市役所市長公室広報広聴課

電話: 0773-66-1041

ファックス: 0773-62-7951

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム