ページの先頭です
メニューの終端です。

市長の活動から(令和元年6月)

[2019年8月21日]

ID:5426

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

6月5日(水曜日)シオン幼稚園から花のプレゼント

6月の第2日曜日の「花の日」に合わせて、シオン幼稚園の年長組の園児たちが市役所に来てくれました。

自宅から持ち寄った色とりどりの花を花かごに入れて手渡してくれました。

園児の皆に「もらった綺麗なお花を見ながら暮らしやすいまちにしていけるようがんばります」とお礼し、お返しに折り紙を一人ひとりに手渡しました。

(市役所玄関前)

【担当:秘書課】




6月7日(金曜日)赤れんが倉庫・赤れんが配水池の3Dプリンター模型を受領

京都女子大学・北尾靖雅教授から3Dプリンターで作製した市内の重要文化財建造物(赤れんが倉庫と赤れんが配水池)の模型を受領しました。

寄贈式では「現在、普段非公開の赤れんが倉庫や赤れんが配水池の活用に向けて検討しているところです。歴史を生かしたまちづくりに活用させていただきます」と述べました。

(市役所本館)

【担当:文化振興課】




6月20日(木曜日)護衛艦「みょうこう」の献血協力者に感謝状を贈呈

舞鶴を母港とする護衛艦「みょうこう(DDG-175)」で多数の献血をしていただいたため、感謝状を贈呈しました。

牧孝行艦長着任後の4月2日(火)に100人献血を実施されたことについて「みょうこう」艦上で感謝状贈呈式を行いました。

式典にあたり「隊員の皆さまのご協力に心から感謝します。国防という崇高な任務の遂行に昼夜を分かたずご尽力いただいていることに心からの敬意を表すとともに、今後とも献血にご協力をお願いします」とあいさつしました。

(護衛艦みょうこう艦上)

【担当:健康づくり課】

 



6月28日(金曜日)社会を明るくする運動

犯罪や非行の防止と罪を犯した人たちの更生、犯罪や非行のない安全・安心な地域社会を築くための“社会を明るくする運動”の舞鶴地区推進委員会に出席しました。

開会にあたり「舞鶴地区保護司会をはじめとする更生保護関係団体の皆さまには、非行の防止や更生の取り組みにご尽力いただき、心から感謝申し上げます。 犯罪や非行防止、立ち直りを支える地域社会を築くためには、本人の努力はもちろんのこと、家庭や学校、地域の後押しが必要であり「社会を明るくする運動」の推進が、一人でも多くの人が犯罪や非行防止について考えるきっかけになることを期待しています」とあいさつしました。

その後、内閣総理大臣からのメッセージを舞鶴地区保護司会会長の桑村信慶さんから受け取りました。

(総合文化会館)

【担当:福祉企画課】

 



お問い合わせ

舞鶴市役所市長公室広報広聴課

電話: 0773-66-1041

ファックス: 0773-62-7951

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム