ページの先頭です
メニューの終端です。

市長の活動から(令和2年2月)

[2020年3月5日]

ID:6063

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2月26日(水)舞鶴市公共交通ネットワーク会議・舞鶴市共生型MaaS実証実験運営協議会設立会議

先端技術による持続可能なまちづくり「舞鶴版Society5.0 for SDGs」の取り組みの一つとして、バスやタクシーと地域住民による乗り合いとを複合させた新しい交通サービスの在り方を、オムロンソーシアルソリューションズ(株)、日本交通(株)と共同で実施に向け進めています。

そのため、交通事業者をはじめとした皆さんと「舞鶴市公共交通ネットワーク会議」を開催。また、上記の取り組みに向けた実証実験を行う「舞鶴市共生型MaaS実証実験運営協議会」の設立会議を開催しました。

開会にあたり「市の第7次総合計画で掲げる「便利な田舎暮らしができるまち」の実現に向けて、誰もが利用しやすい持続可能な公共交通の実現を目指し、新たなチャレンジをしていきます」とあいさつしました。

(赤れんが2号棟)

【担当:企画政策課】

2月26日(水)政策づくり塾地域公共活動報告会・修了式

舞鶴をより良くするにはどうしたらいいか。を市民と若手市職員とで考え実行する「政策づくり塾」。令和元年度塾生の取り組み発表と修了式に出席しました。

塾生2グループそれぞれの企画の発表を聴き「どちらの企画も素晴らしい。今後も発展させていってほしい。毎年、さまざまな企画が取り組まれているが、常に目指しているのは良いまちづくり。自分たちのまちは自分たちでよくすることで、誰かにしてもらうのではなく、達成感も得られるものです」と講評しました。

(赤れんが3号棟)

【担当:企画政策課】

2月28日(金)舞鶴かき小屋美味星(おいすたぁ)地産地消等優良活動表彰「近畿農政局長賞」受賞の報告

地域の立地条件を生かした創意工夫で地産地消や農林水産物・食品の消費拡大に取り組んだもののうち、優れたものを表彰する「地産地消等優良活動表彰」で、市内のかき小屋「美味星」が近畿農政局長賞を受賞し、受賞報告を受けました。

報告を受け「地元が繁盛するということはうれしい。地域の皆さんによる取り組みということで、これからも応援していきたい」と述べました。

(市役所本館)

【担当:水産課】

お問い合わせ

舞鶴市役所 市長公室 広報広聴課
電話: 0773-66-1041 ファクス: 0773-62-7951
E-mail: koho@city.maizuru.lg.jp