ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

舞鶴市ホームへ

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 文字サイズ

  • 背景色

スマートフォン表示用の情報をスキップ

あしあと

    市長の活動から(令和2年7月)

    • [2020年8月5日]
    • ID:6953

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

    7月7日(火) 京都舞鶴港振興促進協議会設立総会に出席

    人流・物流の拠点である京都舞鶴港が関西圏北部の産業振興や地域経済の発展のために、官民が力を合わせて港湾振興に取り組む「京都舞鶴港振興促進協議会」の設立総会に、副会長として出席。

    「舞鶴港は、1000年に一度の規模の津波にも耐えられると試算されていて、今後起こる可能性のある南海トラフ地震などの災害時には、太平洋側の港湾・物流機能のリダンダンシー(代替機能)を持つ、大事な港です。市長に就任して以来、コンテナ取扱量が年々増えている現状をみて、舞鶴港の必要性を確信しています。現状、コンテナ船やバルク、クルーズ船と多くの利用があり、運送車両も増えて、混雑しています。そのため西港の第2バース整備と臨港道路上安久線の整備を進める必要があります。併せて、西港、東港と各商店街までの一帯を、クルーズ・フェリーなどのお客さまをもてなす拠点として「みなとオアシス」に認定してもらうべく取り組み、おもてなしで地域経済も盛り上げる。というように、港から、地域をますます発展させていきたいと思っています。」と意見を述べました。

    今後地域一丸となって港湾の振興に取り組んでいきます。


    (舞鶴21ビル)

    【担当:みなと振興・国際交流課】

    7月13日(月) 「舞鶴市優良工事施工者表彰制度」表彰式

    模範となる優れた工事を施工した施工者を表彰する「舞鶴市優良工事施工者表彰制度」表彰式に出席。平成31・令和元年度に完成した市発注工事の中から、7社を表彰しました。

    「日頃から、災害時の対応や施設の長寿命化など、建設業を通じて市政のさまざまな分野でご尽力いただき感謝します。これからも地域の公共工事の品質確保や技術力の向上、そして市民の生活のために地元の企業として頑張ってください」とあいさつしました。

    (市役所本館)

    【担当:指導検査課】

    7月22日(水) 舞鶴市、舞鶴工業高等専門学校、KDDI連携協定締結後の成果発表会

    市と舞鶴工業高等専門学校、KDDIの3者協働で取り組んできた成果についての発表会に出席。これは相互連携と協働による地域活性化を目的とした連携協定を平成30年に締結し、進めてきたもの。

    発表会の冒頭で「最新技術を活用して、人と人とのつながりや助け合い、互いを思いやる「共助」の仕組みを創設し「心が通う便利で豊かな田舎暮らし」の実現に向けて、市民の皆様やKDDI株式会社様をはじめとする先端技術を持つ民間企業、舞鶴工業高等専門学校様などの高等教育機関と連携し、一丸となって取り組みを進めており、昨年7月には内閣府よりSDGs未来都市・SDGsモデル事業に選定され、その推進にますます弾みがついています」とあいさつしました。

    (市役所本館)

    【担当:舞鶴版Society5.0推進本部】

    7月29日(水) 舞鶴市移住サポーターと市長との懇談会

    今年5月に立ち上げた移住サポーター制度。先輩移住者から移住希望者へ暮らし方や魅力を直接伝えることで本市への移住を促すために設置しています。渡邉直樹さん、小谷明日香さん、岡山茉莉さん、木村奈奈さん、一般社団法人KOKIN(代表 大滝雄介さん)に辞令を渡し「私も移住者だが、舞鶴の人は懐に入ると温かい。それぞれの視点から移住者のサポートをしてほしい」と依頼。舞鶴の良さや特徴などを懇談し、盛り上がりました。

    (市役所本館)

    【担当:移住・定住促進課】

    7月31日(金)日星高校による『Noriko学級の運営継続支援に係る寄付金』の贈呈とNoriko学級とのオンライン交流

    日星高校から、新型コロナウイルスの影響で学校の運営継続が困難となっているウズベキスタンの日本語学校「Noriko学級」への寄付金の贈呈を受け、日星高校とNoriko学級とのオンライン交流に出席。

    「これまでNoriko学級との交流を続けてきた市として、少しでも支援ができればという思いから、この募金活動を始め、市内外から予想を超える寄付金をいただいています。これに加え、日星高校でも生徒の皆さんが校内で寄付を募っていただいたということで、大変感謝しています。ウズベキスタンで日本語を学ぶ生徒の皆さんのために活用していただきたいと思います。本来であれば、オリンピックの直前合宿が舞鶴で実施され、競技に出場する選手を市民一体となって応援しているところでしたが、このように新たな市民交流の形としてNoriko学級と交流ができることを大変嬉しく思っています」とあいさつしました。

    (市役所本館)

    【担当:ホストタウン推進本部】


    ページの先頭へ戻る

    〒625-8555 京都府舞鶴市字北吸1044番地

    電話:0773-62-2300(代表)

    法人番号:4000020262021

    このホームページに関するお問い合わせ・ご意見は

    舞鶴市役所 市長公室 広報広聴課

    電話:0773-66-1041

    舞鶴市の地図

    Copyright © 舞鶴市役所 All Right Reserved