ページの先頭です
メニューの終端です。

市長の活動から(令和2年11月)

[2020年11月24日]

ID:7281

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

11月4日(水)「デジタル・ガバメント推進広域研究会」発足に関する協定を締結

 旧軍港4市の広域連携の絆を生かし、デジタル技術の活用方法を複数自治体間で調査分析・検証し、業務プロセスを標準化することで、事務効率化による生産性向上と業務負荷の軽減を目指すため、本市と神奈川県横須賀市、広島県呉市、長崎県佐世保市およびトッパン・フォームズ株式会社は「デジタル・ガバメント推進広域研究会」を発足しました。
 発足に関する協定締結にあたり「今回の研究会では、これまで培ってまいりました旧軍港4市の絆のもと、舞鶴市のこれまでの行政デジタル化やSDGsの取組などもご紹介する中で、新たな交流と連携を築きながら、より良い事業にしてまいりたいと考えております」とあいさつしました。


(東京都港区)

【担当:情報システム課】

11月19日(木)医療用ガウン(使い捨て防護服)の寄贈

 一般財団法人舞鶴勤労者福祉協議会から、医療用ガウン(使い捨て防護服)の寄贈がありました。これは同会が働く者の集まりとして何か独自で支援はできないかと医療現場や介護関係者など働く仲間のために役立ててもらいたい思いから寄贈されたもので「使い捨ての医療用ガウンは何枚あっても助かるものです。万が一のときも、備蓄としても、医療のみならず介護現場など人を守る仕事をされているひとの不安にならないように使わせていただきます」と感謝を述べました。

(市役所本館)
【担当:地域医療課】

11月19日(木)京都府舞鶴警察署警察官感謝状贈呈式

 令和2年7月25日に市内行永東町で発生した凶悪事件で身を挺して犯人を確保し、市民の生命を守っていただいた京都府舞鶴警察署の皆さんに感謝状を贈呈しました。「身を挺して犯人に立ち向かい、未然に市民の命を守っていただいたことについて、市政を預かるものとして皆さんの行動に敬意を表し、感謝申し上げます。今後も防犯カメラやドライブレコーダーなど市でも防犯に協力します」と黒谷和紙の特製感謝状を贈呈しました。懇談では入院中に「けがの具合は大丈夫ですか」という市民の声が多数いただけたという地域の温かさも再認識しました。

(市役所本館)
【担当:市民課】

11月20日(金)舞鶴市総合教育会議

 総合教育会議に出席。コミュニティスクール、家庭や学校、地域という環境の大切さ、教職員の働き方や部活動への支援者・経験者の協力、ICT授業にともなうブルーライト問題、夢・希望・目標を持つ子になるために、などの意見や提案を聞き、最後に「市の教育振興大綱は子育てをするうえで根っことなるものとして優れています。地域が見守り、前向きになれるようサポートしていきたい。そのためにまだ知識が足りないところもあるので皆さんに協力してもらいたい」と思いを述べました。

(市役所本館)
【担当:教育総務課】


11月21日(土)戦没者追悼式

 先の大戦で亡くなられた約2,400柱の本市戦没者を追悼する戦没者追悼式に出席。「戦後75年という節目にあたり、改めて、今を生きる私たちが、戦没者の心を受け継ぎ、我が国が先の大戦で学んだ幾多の貴重な教訓を風化させることなく、確実に次の世代へと語り継ぐことこそが、引揚のまち舞鶴の使命であり、あの悲しい歴史を二度と繰り返すことがないよう、恒久平和への誓いを新たに、人と人との絆を大切にし、次代を担う子ども達が未来に夢と希望が持てる社会を実現していきます」と式辞を述べ、献花しました。
(総合文化会館)
【担当:福祉企画課】


お問い合わせ

舞鶴市役所 市長公室 広報広聴課
電話: 0773-66-1041 ファクス: 0773-62-7951
E-mail: koho@city.maizuru.lg.jp

市長の活動から(令和2年11月)への別ルート