ページの先頭です
メニューの終端です。

中小事業者向け消費税軽減税率対策補助金の手続要件が変更されました

[2019年9月10日]

ID:5557

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

消費税軽減税率対策補助金の手続要件の変更について

 軽減税率対策補助金は、2019年9月30日までに軽減税率対応レジの設置・支払いが完了したものを本補助金の補助対象とされていましたが、現在、レジの売買契約から支払い完了まで通常、数週間程度を要することから、軽減税率制度の円滑な実施及び中小事業者による対応レジの導入を促進を図るため、手続き要件が下記のとおり変更されましたので、お知らせします。

手続要件の変更について

現行:軽減税率制度が始まる今年10月1日の直前(9月30日)までにレジの導入・改修に関する「設置・支払いの期限」を提示。

変更後:軽減税率制度が始まる今年10月1日の直前(9月30日)までにレジの導入・改修に関する「契約等の手続きが完了」していること。

 

 これにより、9月30日以降に設置・支払いが行われるものも本補助金の対象となります。

 なお、補助金の申請はレジの設置・支払い後になるため(事後申請)、12月16日の補助金申請期限までに設置・支払いを完了する必要があります。


軽減税率対策補助金とは

消費税軽減税率制度の実施に伴い対応が必要となる中小企業・ 小規模事業者等に対して 、 複数税率対応レジや券売機の導入や改修 、 受発注システム 、 請求書管理システムの改修等に要する経費の一部を補助することにより 、 導入等の準備が円滑に進むよう支援する制度です 。

軽減税率対策補助金とは

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

3つの申請類型

A型:複数税率対応レジの導入等支援

 軽減税率対象商品を将来にわたり継続的に販売するために複数税率対応レジ又は区分記載請求書等保存方式に対応した請求書等を発行する券売機を導入又は改修する必要のある事業者が使える補助金です。

B型:受発注システムの改修等支援

 軽減税率対象商品を将来にわたり継続的に取扱うために、電子的受発注システムの改修・入替を行う必要がある事業者が使える補助金です。

C型:請求書管理システムの改修等支援

 軽減税率に対応するために必要となる区分記載請求書等保存方式に対応した請求書管理システムの改修・導入を行う必要がある事業者が使える補助金です。


それぞれの詳細については、下記のURLをご覧ください。

中小企業・小規模事業者等消費税軽減税率対策補助金(軽減税率対策補助金事務局)

↓ ↓ ↓

http://kzt-hojo.jp/applicant/about/(別ウインドウで開く)

お問い合わせ

舞鶴市役所産業振興部産業創造・雇用促進課

電話: 0773-66-1021

ファックス: 0773-62-9891

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

組織内ジャンル

産業振興部産業創造・雇用促進課


中小事業者向け消費税軽減税率対策補助金の手続要件が変更されましたへの別ルート