ページの先頭です
メニューの終端です。

【WEB版】李芳の中日文化の相違点 第2回

[2017年12月20日]

ID:3719

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

つめたーい飲み物

 先日、小学校の給食参観に出席した際、冷たい牛乳が出されたことは、中国人の私にとって、カルチャーショックでした。

 日本では、夏になると、レストランで氷入りの冷たい水が出されるなど日常的に冷たい物を飲む事が多いですよね。中国では、冷たい物を飲むことはなく、基本的に常温または熱い物を飲むのが習慣となっています。そのため、中国のレストランに行っても、常温または温かい水やお茶が出されます。夏には、冷たい水を出すところもありますが、基本的には、常温の水が出てきます。牛乳は常温または温めて飲み、ビールも常温で飲みます。

 なぜ中国人は冷たい飲み物を飲まないのかというと、伝統的な東洋医学の考え方で冷たい飲み物は身体を冷やし、万病の元となると考えられているからです。中国と日本は距離も近く、類似した文化を持っていても、飲み物の飲み方一つにしてもまだまだたくさんの相違点があります。面白いですね。こういった文化の違いを理解することで、中国人と交流する際に役に立ち、仲良くなれるでしょう。

つめたーい飲み物

お問い合わせ

舞鶴市役所産業振興部みなと振興・国際交流課

電話: 0773-66-1037

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム