○舞鶴市上下水道部企業職員の特殊勤務手当に関する規程

平成4年3月10日

水道部規程第1号

(趣旨)

第1条 この規程は、舞鶴市公営企業職員の給与の種類及び基準に関する条例(昭和39年条例第9号。以下「条例」という。)第6条の規定に基づき、舞鶴市上下水道部企業職員(以下「職員」という。)の特殊勤務手当の種類、支給させる職員の範囲、支給額その他特殊勤務手当の支給に関し必要な事項を定めるものとする。

(平28上下水道部規程18・一部改正)

(特殊勤務手当の種類)

第2条 特殊勤務手当の種類は、次のとおりとする。

(1) 水道料金徴収手当

(2) 浄水場勤務手当

(3) 屋外作業手当

(4) 待機手当

(平9水道部規程1・平19水道部規程1・一部改正)

(水道料金徴収手当)

第3条 水道料金徴収手当は、主として水道料金の徴収事務に携わる職員に支給する。

2 前項の手当の額は、業務に従事した月1月につき1,000円とする。

(浄水場勤務手当)

第4条 浄水場勤務手当は、浄水場に勤務する職員に支給する。

2 前項の手当の額は、勤務した月1月につき2,500円とする。

(平26水道部規程6・一部改正)

(屋外作業手当)

第5条 屋外作業手当は、10月から翌年の3月までの期間で午後8時から翌日午前5時までの間に屋外作業に従事する職員に支給する。

2 前項の手当の額は、1当務につき2,000円とする。

(待機手当)

第6条 待機手当は、日曜日、土曜日、国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日並びに1月2日、同月3日及び12月29日から同月31日までに水道事故等の発生に備えて待機を命ぜられた職員に支給する。

2 前項の手当の額は、待機した日1日につき2,000円とする。

(平19水道部規程1・全改)

(舞鶴市職員の特殊勤務手当に関する条例の準用)

第7条 舞鶴市職員の特殊勤務手当に関する条例(平成3年条例第24号)第14条の規定は、職員に支給する特殊勤務手当の支給方法について準用する。

(平14水道部規程2・一部改正)

附 則

(施行期日)

1 この規程は、平成4年4月1日(以下「施行日」という。)から施行する。

(適用区分)

2 施行日前に支給事由の生じた特殊勤務手当の支給については、なお従前の例による。

附 則(平成5年6月1日水道部規程第4号)

この規程は、平成5年6月1日から施行する。

附 則(平成9年3月31日水道部規程第1号)

この規程は、平成9年4月1日から施行する。

附 則(平成14年3月31日水道部規程第2号)

この規程は、平成14年4月1日から施行する。

附 則(平成19年3月16日水道部規程第1号)

この規程は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成26年4月1日水道部規程第6号)

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(平成28年4月1日上下水道部規程第18号)

この規程は、公布の日から施行する。

舞鶴市上下水道部企業職員の特殊勤務手当に関する規程

平成4年3月10日 水道部規程第1号

(平成28年4月1日施行)

体系情報
第11編 公営企業/第2章 水道事業及び下水道事業/第4節
沿革情報
平成4年3月10日 水道部規程第1号
平成5年6月1日 水道部規程第4号
平成9年3月31日 水道部規程第1号
平成14年3月31日 水道部規程第2号
平成19年3月16日 水道部規程第1号
平成26年4月1日 水道部規程第6号
平成28年4月1日 上下水道部規程第18号