○市立舞鶴市民病院一般職の任期付職員の給与の特例に関する規程

平成27年4月1日

市民病院規程第22号

(趣旨)

第1条 舞鶴市一般職の任期付職員の採用等に関する条例(平成26年条例第32号。以下「条例」という。)第2条から第4条までの規定に基づき病院事業の管理者の権限を行う市長(以下「管理者」という。)が任期を定めて採用する職員の給与の特例に関し必要な事項を定めるものとする。

(特定任期付職員の給与に関する特例)

第2条 条例第6条第1号に規定する特定任期付職員(以下「特定任期付職員」という。)には、別表の特定任期付職員給料表を適用する。

2 管理者は、特定任期付職員の号給を、次に掲げる基準に従い決定する。

(1) 高度の専門的な知識経験を有する者がその知識経験を活用して業務に従事する場合 1号給

(2) 高度の専門的な知識経験を有する者がその知識経験を活用して困難な業務に従事する場合 2号給

(3) 高度の専門的な知識経験を有する者がその知識経験を活用して特に困難な業務に従事する場合 3号給

(4) 特に高度の専門的な知識経験を有する者がその知識経験を活用して特に困難な業務に従事する場合 4号給

(5) 特に高度の専門的な知識経験を有する者がその知識経験を活用して特に困難な業務で重要なものに従事する場合 5号給

(6) 極めて高度の専門的な知識経験又は優れた識見を有する者がその知識経験等を活用して特に困難な業務で重要なものに従事する場合 6号給

(7) 極めて高度の専門的な知識経験又は優れた識見を有する者がその知識経験等を活用して特に困難な業務で特に重要なものに従事する場合 7号給

3 管理者は、特定任期付職員について、特別の事情により特定任期付職員給料表に掲げる号給により難いときは、前2項の規定にかかわらず、その者の給料月額を決定することができる。

4 第2項の規定による号給の決定、前項の規定による給料月額の決定及び舞鶴市公営企業職員の給与の種類及び基準に関する条例(昭和39年条例第9号)第15条の3の規定による特定任期付職員業績手当の支給は、予算の範囲内で行わなければならない。

(特定任期付職員業績手当)

第3条 舞鶴市公営企業職員の給与の種類及び基準に関する条例第15条の3に規定する特に顕著な業績とは、前条第2項又は第3項の規定により特定任期付職員の給料月額が決定された際に期待された業績に照らして特に顕著であると認められる業績をいう。

2 特定任期付職員業績手当は、12月1日(以下「基準日」という。)に在職する特定任期付職員のうち、特定任期付職員として採用された日から当該基準日までの間(特定任期付職員業績手当の支給を受けたことのある者にあっては、支給を受けた直近の当該手当に係る基準日の翌日から直近の基準日までの間)にその者の特定任期付職員としての業務に関し特に顕著な業績を挙げたと認められる者に対し、当該基準日の属する月の市立舞鶴市民病院企業職員給与支給規程(昭和39年市民病院規程第7号。以下「給与規程」という。)第29条に規定する期末手当の支給日に支給することができるものとする。

(給与規程の規定の読替え)

第4条 特定任期付職員に対する給与規程第29条第2項の規定の適用については、同項各号列記以外の部分中「、6月に支給する場合においては100分の122.5、12月に支給する場合においては100分の137.5」とあるのは「100分の165」とする。

2 条例第8条第2項に規定する一般任期付職員等に対する給与規程第3条の2の規定の適用については、同条第1項中「再任用職員」という。)」とあるのは「再任用職員」という。)及び舞鶴市一般職の任期付職員の採用等に関する条例第2条第2項第3条又は第4条の規定により任期を定めて採用された職員又は短時間勤務職員」と、同条第2項中「再任用短時間勤務職員」という。)」とあるのは「再任用短時間勤務職員」という。)並びに舞鶴市一般職の任期付職員の採用等に関する条例第4条の規定により任期を定めて採用された短時間勤務職員」と、「第2条第3項」とあるのは「第2条第4項」とする。

3 条例第8条第3項に規定する任期付短時間勤務職員に対する給与規程第17条第2項並びに第20条第2項及び第3項の規定の適用については、給与規程第17条第2項中「再任用短時間勤務職員」とあるのは「再任用短時間勤務職員及び舞鶴市一般職の任期付職員の採用等に関する条例第4条の規定により任期を定めて採用された短時間勤務職員(以下「任期付短時間勤務職員」という。)」と、給与規程第20条第2項及び第3項中「再任用短時間勤務職員」とあるのは「再任用短時間勤務職員及び任期付短時間勤務職員」とする。

(平28市民病院規程1・平28市民病院規程6・平29市民病院規程9・一部改正)

(その他)

第5条 この規程に定めるもののほか必要な事項は管理者が別に定める。

附 則

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(平成28年3月29日市民病院規程第1号)

(施行期日等)

1 この規程は、公布の日から施行する。ただし、第2条及び第3条の規定は、平成28年4月1日から施行する。

10 この規程の施行に関し必要な事項は、管理者が別に定める。

附 則(平成28年12月27日市民病院規程第6号)

(施行期日等)

1 この規程は、公布の日から施行する。ただし、第2条、第3条並びに附則第4項及び第5項の規定は、平成29年4月1日から施行する。

(委任)

6 この規程の施行に関し必要な事項は、管理者が別に定める。

附 則(平成29年12月26日市民病院規程第9号)

(施行期日等)

1 この規程は、公布の日から施行する。ただし、第2条及び第3条の規定は、平成30年4月1日から施行する。

(委任)

4 この規程の施行に関し必要な事項は、管理者が別に定める。

別表(第2条関係)

(平28市民病院規程1・全改、平29市民病院規程9・一部改正)

特定任期付職員給料表

号給

給料月額


1

373,000

2

421,000

3

471,000

4

532,000

5

607,000

6

709,000

7

829,000

市立舞鶴市民病院一般職の任期付職員の給与の特例に関する規程

平成27年4月1日 市民病院規程第22号

(平成30年4月1日施行)

体系情報
第11編 公営企業/第3章 病院事業/第4節
沿革情報
平成27年4月1日 市民病院規程第22号
平成28年3月29日 市民病院規程第1号
平成28年12月27日 市民病院規程第6号
平成29年12月26日 市民病院規程第9号
平成30年12月28日 市民病院規程第2号