○舞鶴市東地区中心市街地複合施設条例施行規則

平成25年3月19日

規則第4号

目次

第1章 総則(第1条)

第2章 五条立体駐車場(第2条―第7条)

第3章 中心市街地コミュニティ施設(第8条―第15条)

第4章 雑則(第16条)

附則

第1章 総則

(趣旨)

第1条 この規則は、舞鶴市東地区中心市街地複合施設条例(平成24年条例第29号。以下「条例」という。)の施行に関し、必要な事項を定めるものとする。

第2章 五条立体駐車場

(供用時間及び入退場時間)

第2条 五条立体駐車場(以下「駐車場」という。)の供用時間及び入退場時間は、全日とする。ただし、指定管理者が必要と認めるときは、変更することができる。

(駐車券)

第3条 駐車場に自動車を駐車させる者は、自動車を入場させる際に、指定管理者が別に定める駐車券の交付を受けなければならない。

2 前項の規定により駐車券の交付を受けた者は、自動車を退場させる際に、当該駐車券を指定管理者に提出しなければならない。

3 第1項の規定により駐車券の交付を受けた者が当該駐車券を亡失し、又は破損したときは、自動車を退場させることについて正当な権原を有すること等を証明した場合に、指定管理者は当該自動車を退場させるものとする。

(平26規則8・一部改正)

(行為の許可)

第4条 条例第8条ただし書の規定により、同条第5号及び第6号に掲げる行為をしようとする者は、駐車場における行為許可申請書(別記様式)を、当該行為をしようとする日の1月前までに市長に提出してその許可を受けなければならない。

2 市長は、前項の規定による申請の内容が、公衆の駐車場の利用に支障を及ぼさないと認める場合に限り、これを許可することができる。

(平26規則8・一部改正)

(駐車場に係る利用料金の納付)

第5条 駐車場に係る利用料金は、指定管理者が自動車の退場を認める場合に、現金、回数券その他の指定管理者が別に定める方法により納付しなければならない。

(駐車場に係る利用料金の減免)

第6条 条例第20条の規定により駐車場に係る利用料金を減免する場合は、次の各号に掲げる場合とし、減免する割合は、それぞれ当該各号に定めるとおりとする。

(1) 身体障害者福祉法(昭和24年法律第283号)第15条に規定する身体障害者手帳、精神保健及び精神障害者福祉に関する法律(昭和25年法律第123号)第45条に規定する精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者特別援護法(昭和38年法律第168号)第4条に規定する戦傷病者手帳、「療育手帳制度について」(昭和48年9月27日厚生省発児第156号厚生事務次官通知)による療育手帳又は原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律(平成6年法律第117号)第2条に規定する被爆者健康手帳(以下「身体障害者手帳等」という。)を所持する者が乗車する自動車を駐車させる場合 10分の5

(2) その他指定管理者が特別の理由があると認めた場合 10分の10以内

2 前項の規定により利用料金の減免を受けようとする者は、指定管理者の定める方法により、その承認を受けなければならない。

第7条 削除

(平26規則8)

第3章 中心市街地コミュニティ施設

(開館時間及び休館日)

第8条 中心市街地コミュニティ施設(以下「コミュニティ施設」という。)の開館時間は、午前9時から午後10時までとする。ただし、指定管理者が必要と認めるときは、変更することができる。

2 コミュニティ施設の休館日は、4月1日から翌年の3月31日までの間において、18日以内で指定管理者が市長の承認を受けて定める日とする。ただし、指定管理者が必要と認めるときは、休館日に開館し、又は臨時に休館することができる。

(利用の承認申請等)

第9条 条例第12条第1項の規定によりコミュニティ施設及びその附属設備(以下「コミュニティ施設等」という。)の利用の承認を受けようとする者は、指定管理者の定める方法により申請し、その承認を受けなければならない。

2 前項の規定による申請は、利用期日の属する月の6月前の初日から利用期日の前日までの間に行わなければならない。ただし、指定管理者が特別の事情があると認めるときは、この限りでない。

3 指定管理者は、第1項の規定により利用の承認をしたときは、当該申請者に指定管理者が定める利用承認書を交付するものとする。

(利用中止の届出)

第10条 前条第3項の規定により利用の承認を受けたコミュニティ施設等を利用しないこととなった者は、指定管理者の定める方法により、直ちにその旨を指定管理者に届け出なければならない。

(利用者の遵守事項)

第11条 コミュニティ施設等を利用する者は、条例及びこの規則に定める事項のほか、次に掲げる事項を遵守しなければならない。

(1) 承認を受けたコミュニティ施設等以外のものは利用しないこと。

(2) 承認を受けないで壁、柱等に貼り紙、くぎ打ち等をしないこと。

(3) 所定の場所以外において飲食し、又は喫煙しないこと。

(4) 所定の場所以外において火気を使用しないこと。

(5) その他指定管理者の指示に従うこと。

(附属設備に係る利用料金の上限額)

第12条 条例第19条第3項に規定する規則に定める金額は、別表のとおりとする。

(平26規則8・一部改正)

(コミュニティ施設等に係る利用料金の減免)

第13条 条例第20条の規定によりコミュニティ施設等に係る利用料金を減免する場合は、次の各号に掲げる場合とし、減免する割合は、それぞれ当該各号に定めるとおりとする。

(1) 利用者の2分の1以上を身体障害者手帳等を所持する者が占める場合 10分の5

(2) 市長が認める市内の障害者団体が利用する場合 10分の5

(3) 舞鶴市が主催し、又は共催する行事に利用する場合 10分の10

(4) その他指定管理者が特別の理由があると認めた場合 10分の10以内

2 前項の規定により利用料金の減免を受けようとする者は、指定管理者の定める方法により、その承認を受けなければならない。

(コミュニティ施設等に係る利用料金の返還)

第14条 条例第21条ただし書の規定によりコミュニティ施設等に係る利用料金を返還する場合は、次の各号に掲げる場合とし、返還する金額は、それぞれ当該各号に定める額とする。

(1) 災害その他不可抗力により利用できなくなった場合 全額

(2) 管理運営上の都合により利用承認を取り消した場合 全額

(3) 第10条の規定による利用中止の届出を次の区分に従いそれぞれ定める日までにした場合 当該区分ごとに定める額

 コミュニティ施設 利用期日前5日 5割相当額

 附属設備 利用期日 全額

第15条 削除

(平26規則8)

第4章 雑則

(その他)

第16条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成25年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の際現に存する舞鶴市字浜606番地に設置されていた駐車場において使用されていた駐車券及び回数券は、当分の間、この規則による駐車券及回数券として使用することができる。

附 則(平成26年3月31日規則第8号)

この規則は、平成26年4月1日から施行する。

附 則(平成27年1月26日規則第2号)

この規則は、公布の日から施行する。

別表(第12条関係)

(平26規則8・旧別表第4・一部改正、平27規則2・一部改正)

コミュニティ施設附属設備利用料金

区分

品名

単位

1回の利用料金




照明設備

センターピンスポットライト

1式

2,000

移動式スポットライト

1台

1,800

天井スポットライト

1式

1,800

天井サイドライト

1式

1,800

音響設備

マイクロホン

1本

500

ワイヤレスマイク

1本

600

CDプレーヤー

1台

1,000

カセットデッキ

1台

1,000

SR装置セット

1式

15,000

エフェクター

1台

1,000

マルチケーブル

1組

500

固定式アンプスピーカー

1式

2,300

移動式アンプスピーカー

1式

2,300

その他

ミラーボール

1台

1,800

備考

1 この表の利用時間区分は、午前(午前9時から正午まで)、午後(午後1時から午後5時まで)及び夜間(午後6時から午後10時まで)とし、利用回数の計算は、これらをもってそれぞれ1回とする。

2 冷暖房設備の利用料金その他この表に定めのないものについては、別に実費相当額を徴収する。

(平26規則8・旧様式第2号・一部改正)

画像

舞鶴市東地区中心市街地複合施設条例施行規則

平成25年3月19日 規則第4号

(平成27年1月26日施行)