ページの先頭です
メニューの終端です。

舞鶴市内部通報制度について

[2016年11月7日]

ID:1317

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

「舞鶴市内部通報制度」は、公益通報者保護法に基づいて、本市の職員等からの法令違反等に関する通報を受け付けることにより、通報者の保護を図るとともに、法令遵守による公正な市政運営を推進することを目的としています。

1.制度の概要

(1) 通報者
   ◎市職員(非常勤・臨時職員を含む。)
   ◎市と請負等の契約関係にある事業者の役員、従業員
   ◎指定管理者の役員、従業員

(2) 内部通報(通報対象事実の通報)
   市の事務事業や職員等について、次の行為の事実が生じ、又は生じようとしている旨を人事室長又は外部相談員(弁護士)に対し、内部通報書により行う。
   ◎法令(条例、規則等を含む。)に違反する行為
   ◎人の生命、財産等の利益に重大な損害を与える行為
   ◎不当・不正行為

2.通報窓口

(1)舞鶴市企画管理部人事室長
   〒625-8555 舞鶴市字北吸1044 舞鶴市役所企画管理部人事室
   メールアドレス:naibu-tsuhoアットマークcity.maizuru.kyoto.jp 
  
(2)外部相談員(弁護士)
  〒604-0942 京都市中京区御池通麸屋町西入ル 御池加納ビル5階
   アクシス法律事務所内「舞鶴市内部通報外部相談員(弁護士)」
   メールアドレス:axis-lawアットマークjk9.so-net.ne.jp
  
   ※1 迷惑メール対策のため、@を「アットマーク」と表示しています。@に直して送信してください。

   ※2 市職員が通報する場合、グループウェアメールからは送信出来ません。
       外部パソコンから、上記の各アドレスへメール送信ください。

3.施行年月日

平成22年8月1日

【参考】
◎公益通報者保護法
    公益通報をしたことを理由として通報者が解雇等の不利益な取扱いを受けることのないよう、通報を受けた事業者等がとるべき措置を定めたもの。
◎公益通報(内部通報)
    労働者が自分の労務提供先の事業者又は従業員等について、国民の生命、財産等の保護にかかわる法令違反等を、労務提供先等その被害の拡大防止に必要と認められる者に通報すること。

※詳しくは、舞鶴市内部通報に関する要綱をご参照ください。


舞鶴市内部通報に関する要綱

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

舞鶴市役所市長公室人事課

電話: 0773-66-1066

ファックス: 0773-62-5099

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

組織内ジャンル

市長公室人事課