○舞鶴市公民館条例

昭和51年3月29日

条例第3号

(趣旨)

第1条 この条例は、社会教育法(昭和24年法律第207号。以下「法」という。)第24条の規定に基づき、舞鶴市立公民館(以下「公民館」という。)の設置及び管理運営に関し必要な事項を定めるものとする。

(平12条例2・平18条例6・一部改正)

(設置)

第2条 設置する公民館の名称及び位置は、別表第1のとおりとする。

2 前項に規定する公民館に、必要に応じ分館を置くことができる。

(連絡調整等に当たる公民館)

第3条 前条第1項に規定する公民館のうち舞鶴市中央公民館は、同項に規定する他の公民館との連絡調整等に当たるものとする。

(昭62条例22・一部改正)

(職員)

第4条 公民館に館長その他の必要な職員を置く。

(昭62条例22・一部改正)

第5条 削除

(平18条例6)

(使用の承認)

第6条 公民館を使用しようとする者は、あらかじめ教育委員会(以下「委員会」という。)の承認を受けなければならない。承認を受けた事項を変更しようとする場合についても、同様とする。

(昭62条例22・一部改正)

(使用承認の制限)

第7条 次の各号のいずれかに該当するときは、委員会は、使用を承認しない。

(1) 公の秩序又は良俗を乱すおそれがあると認めるとき。

(2) 建物又はその附属設備を毀損するおそれがあると認めるとき。

(3) 管理上支障があると認めるとき。

(4) その他使用を不適当と認めるとき。

(昭62条例22・平12条例2・平27条例47・一部改正)

(使用承認の取消し等)

第8条 次の各号のいずれかに該当するときは、委員会は、使用の承認を取り消し、又は使用の方法を変更させることができる。

(1) 承認を受けずに使用の目的を変更したとき。

(2) この条例若しくはこの条例に基づく規則又は使用の条件に違反したとき。

(3) 災害その他不可抗力の事由によって公民館の使用ができなくなったとき。

(4) その他公用又は管理上の都合により、特に必要と認めるとき。

2 前項第1号から第3号までの規定による使用承認の取消し又は使用条件の変更によって損害が生じても、委員会は、賠償の責めを負わない。

(昭62条例22・平12条例2・一部改正)

(使用料)

第9条 公民館の使用料は、別表第2のとおりとする。

(使用料の減免)

第10条 使用料は、規則で定めるところにより減免することができる。

(平12条例31・全改)

(使用料の返還等)

第11条 公民館の使用料は、前納とし、既納の使用料は、返還しない。ただし、委員会が特に必要と認めるときは、その全部又は一部を返還することができる。

(目的外使用等の禁止)

第12条 公民館の使用許可を受けた者(以下「使用者」という。)は、使用承認を受けた目的以外に使用し、又は使用の権利を譲渡し、若しくは転貸することができない。

(昭62条例22・一部改正)

(特別の設備の制限)

第13条 使用者は、公民館を使用するために特別の設備をしようとするときは、あらかじめ委員会の許可を受けなければならない。

2 前項の特別の設備に要する経費は、すべて使用者の負担とする。

(原状回復義務)

第14条 使用者は、公民館の使用を終わったとき、又は使用承認を取り消されたときは、直ちに、原状に回復して返還しなければならない。

2 使用者が前項に規定する義務を履行しないときは、委員会においてこれを代行し、その費用を使用者から徴収する。

(昭62条例22・一部改正)

(損害賠償)

第15条 使用者は、その使用により公民館若しくはその附属設備等を損傷し、又は滅失したときは、委員会の認定に基づき、損害を賠償しなければならない。

(昭62条例22・一部改正)

(委任)

第16条 この条例の施行に関し必要な事項は、別に委員会が定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、昭和51年4月20日から施行する。

(舞鶴市少年補導センター条例の一部改正)

2 舞鶴市少年補導センター条例(昭和39年条例第35号)の一部を次のように改正する。

〔次のよう〕略

(舞鶴市立図書館条例の一部改正)

3 舞鶴市立図書館条例(昭和26年条例第12号)の一部を次のように改正する。

〔次のよう〕略

(舞鶴市支所等設置条例の一部改正)

4 舞鶴市支所等設置条例(昭和46年条例第5号)の一部を次のように改正する。

〔次のよう〕略

(舞鶴市民会館条例の一部改正)

5 舞鶴市民会館条例(昭和43年条例第28号)の一部を次のように改正する。

〔次のよう〕略

(条例の廃止)

6 次に掲げる条例は、廃止する。

(1) 舞鶴市公民館設置条例(昭和25年条例第4号)

(2) 舞鶴市公民館の管理および使用条例(昭和25年条例第5号)

附 則(昭和54年5月8日条例第14号)

この条例は、別に規則で定める日から施行する。

(昭和54年規則第9号で昭和54年6月1日から施行)

附 則(昭和54年10月1日条例第22号)

(施行期日)

1 この条例は、別に規則で定める日から施行する。

(昭和54年規則第21号で昭和54年11月7日から施行)

(舞鶴市立図書館条例の一部改正)

2 舞鶴市立図書館条例(昭和26年条例第12号)の一部を次のように改正する。

〔次のよう〕略

(舞鶴市支所等設置条例の一部改正)

3 舞鶴市支所等設置条例(昭和46年条例第5号)の一部を次のように改正する。

〔次のよう〕略

附 則(昭和56年3月30日条例第10号)

この条例は、昭和56年4月1日から施行する。

附 則(昭和57年3月30日条例第4号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(昭和58年10月5日条例第18号)

(施行期日)

1 この条例は、昭和58年11月1日から施行する。

附 則(昭和62年12月24日条例第22号)

この条例は、規則で定める日から施行する。

(昭和63年規則第2号で昭和63年2月18日から施行)

附 則(平成元年10月2日条例第23号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成6年10月6日条例第26号)

この条例は、規則で定める日から施行する。

(平成6年規則第54号で平成6年12月11日から施行)

附 則(平成12年3月30日条例第2号)

この条例は、平成12年4月1日から施行する。

附 則(平成12年10月10日条例第31号)

(施行期日)

1 この条例は、規則で定める日から施行する。ただし、第10条の改正規定は、平成13年1月1日から施行する。

(平成12年規則第34号で平成13年3月12日から施行)

2 附則第4項の規定は、この条例の施行の日(以下「施行日」という。)を定める規則の公布の日から施行する。

(適用区分)

3 改正後の第10条の規定は、この条例の公布の日以後における平成13年1月1日以降の使用に係る公民館及びその附属設備の使用承認手続から適用し、この条例の公布の日前における平成13年1月1日前の使用に係る公民館及びその附属設備の使用承認手続については、なお従前の例による。

(施行日前における使用承認手続)

4 改正後の舞鶴市公民館条例の規定による舞鶴市中央公民館の使用承認手続については、施行日前においても行うことができる。

附 則(平成18年3月30日条例第6号)

この条例は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成27年12月25日条例第47号)

この条例は、平成28年4月1日から施行する。

別表第1(第2条関係)

(昭54条例22・昭62条例22・平27条例47・一部改正)

名称

位置

舞鶴市中央公民館

舞鶴市字余部下1,167番地

舞鶴市東公民館

舞鶴市字浜1,546番地の3

舞鶴市西公民館

舞鶴市字南田辺1番地

舞鶴市南公民館

舞鶴市字森1,005番地の3

舞鶴市加佐公民館

舞鶴市字志高1,005番地

別表第2(第9条関係)

(昭54条例14・昭54条例22・昭56条例10・昭57条例4・昭58条例18・昭62条例22・平元条例23・平6条例26・平12条例31・平27条例47・一部改正)

公民館使用料表

1 使用料の基本額

公民館名

施設区分

使用料

午前

午後

夜間

全日

午前9時から正午まで

午後1時から午後5時まで

午後6時から午後10時まで

午前9時から午後10時まで

舞鶴市中央公民館

会議室

2,300

3,100

3,600

9,000

研修室1

1,100

1,400

1,700

4,200

研修室2

1,100

1,400

1,700

4,200

料理教室

2,600

3,400

3,900

9,900

視聴覚室

1,900

2,600

3,000

7,500

舞鶴市東公民館

ホール

4,600

6,000

6,900

17,500

講義室

2,100

2,700

3,100

7,800

会議室

1,500

2,000

2,300

5,800

和室

1,400

1,800

2,100

5,300

料理教室

1,700

2,300

2,700

6,700

舞鶴市西公民館

201会議室

1,200

1,200

1,200

3,600

202会議室

700

700

700

2,100

203会議室

500

600

700

1,800

教養文化室

500

750

850

2,100

料理教室

2,400

2,800

3,300

8,500

舞鶴市南公民館

ホール

3,500

4,500

5,200

13,200

講義室

1,500

2,000

2,300

5,800

第1会議室

2,300

3,000

3,500

8,800

第2会議室

2,300

3,000

3,500

8,800

第3会議室

1,000

1,300

1,600

3,900

和室

800

1,000

1,300

3,100

料理教室

1,700

2,300

2,700

6,700

舞鶴市加佐公民館

ホール

2,900

3,700

4,300

10,900

会議室

1,100

1,400

1,500

4,000

和室

1,500

1,900

2,100

5,500

料理教室

1,200

1,700

2,000

4,900

2 舞鶴市加佐公民館の和室の2分の1を使用する場合の使用料は、当該基本額の2分の1の額とする。

3 第1項の表の施設区分以外の施設並びに冷暖房設備及び附属設備の使用料は、別に定める。

4 使用者が、市外居住者である場合は、基本額の3割相当額を加算する。

5 使用者が、入場料その他これに類するものを徴収する場合は、基本額の5割相当額を加算する。

舞鶴市公民館条例

昭和51年3月29日 条例第3号

(平成28年4月1日施行)

体系情報
第10編 育/第3章 社会教育/第2節 社会教育施設等
沿革情報
昭和51年3月29日 条例第3号
昭和54年5月8日 条例第14号
昭和54年10月1日 条例第22号
昭和56年3月30日 条例第10号
昭和57年3月30日 条例第4号
昭和58年10月5日 条例第18号
昭和62年12月24日 条例第22号
平成元年10月2日 条例第23号
平成6年10月6日 条例第26号
平成12年3月30日 条例第2号
平成12年10月10日 条例第31号
平成18年3月30日 条例第6号
平成27年12月25日 条例第47号
平成30年6月29日 条例第40号