ページの先頭です
メニューの終端です。

収集日に出せない場合や直接搬入できない場合

[2016年4月6日]

ID:615

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

引っ越しなどで臨時的にごみを処分したい場合や庭の剪定などで出た大量のごみを直接施設まで搬入できない場合は、下記の一般廃棄物収集運搬業者(許可業者)に依頼してください(有料)
粗大ごみの場合は粗大ごみ戸別収集(有料・予約制)も利用できます。

一般廃棄物収集運搬業
地区業者名電話番号
東地区舞鶴清掃社0773-62-1466
中地区
西地区(伊佐津川以東)
加佐地区(由良川以西)
舞鶴興進社0773-63-8775
西地区(伊佐津川以西)
加佐地区(由良川以東)
舞鶴浄美社0773-75-1252

※廃棄物を収集するには許可が必要であり、舞鶴市内で一般廃棄物収集運搬業(し尿・汚泥除く)の許可業者は上記3社です。

適正なごみの処理にご協力ください

違法な不用品回収業者は不適正な処理をしている場合があります。実際には再使用に適さないものを再使用の名目で輸出したり、飛散・流出を防ぐための措置やフロン回収を行わずに分解・破壊している例があり、環境汚染や大規模な不法投棄につながる恐れがあります。また、突然高額な処理費用を請求され、トラブルになるケースもありますのでご注意ください。

ご注意ください

  1. 処理料金に相当する金品を排出者から受け取るには、一般廃棄物処理業の許可が必要です。
  2. 有償(買取り)又は無料で排出者から引き取ったとしても、それだけでは廃棄物に該当しないという理由(根拠)にはなりません。
  3. 家電製品の中で、特にテレビ、エアコン、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・乾燥機については、故障や破損しているもの・年代の古いものなど中古品と言えないような場合、又は雨ざらしになっているもの・乱雑に取り扱われているものなど中古品としての取り扱いを受けていない場合は、廃棄物に該当します。