ページの先頭です
メニューの終端です。

子どもが被害者となる交通事故をなくすために

[2019年11月12日]

ID:5761

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

子どもが被害者となる交通事故をなくすために

 令和元年11月11日、東京都八王子市において、散歩をしていた保育園の園児の列に

自動車が突っ込み、複数の園児が負傷する事故が発生しました。

  交通事故から子どもの生命と平穏な生活を守るため、一人一人が交通ルールの遵守

と正しい交通マナーの実践に努め、交通事故を防止しましょう。 

 

  ・横断歩道が近づいたら、速度を落として歩行者の有無を確認しましょう

  ・歩行者が横断歩道を横断していたり、渡ろうとしている場合は、必ず一時停止して

  歩行者を優先しましょう

  ・早めの前照灯(ライト)の点灯とハイビームの活用で歩行者を早めに発見しましょう

  ・確実な安全確認を励行しましょう

  ・歩行者は反射材を着用するなど自分の存在を目立たせましょう

  ・横断歩道が付近にある場合は、必ず横断歩道を横断しましょう

  ・道路を横断するときは、左右の安全をよく確認しましょう

  ・必ず歩道を歩き、歩道がない道路では、道路の右側端を歩きましょう


   市交通対策協議会(市民課内)

お問い合わせ

舞鶴市役所市民文化環境部市民課

電話: 0773-66-1001(市民係)0773-66-1002(戸籍係)0773-66-1006(生活安全係)

ファックス: 0773-63-9232

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

組織内ジャンル

市民文化環境部市民課


子どもが被害者となる交通事故をなくすためにへの別ルート