ページの先頭です
メニューの終端です。

市が主催する会議、イベント等の中止(延期)措置の緩和について

[2020年4月3日]

ID:6107

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

市が主催する会議、イベント等の中止(延期)措置の緩和について

 市が主催する会議、イベント等を中止(延期)する措置を緩和しましたので、お知らせします。

本市においては、国の方針に基づき、感染拡大防止を徹底するため、2月27日(木)から3月22日(日)まで、市が主催する会議、イベント等を、原則、中止(延期)としてきました。

 先般、国の感染症対策専門家会議において、集団発生のリスクが高い場面等について、より確実な知見が示されたこと、現在、舞鶴市内において、感染者が発生していない状況等を踏まえ、次の判断基準に基づき、市が主催する会議、イベント等を、開催、実施してまいります。

 ただし、老人福祉センター文庫山学園と、加佐地域福祉センター由良川学園は、3月31日(火)まで、閉園いたします。

今後とも、国からの要請や、地域での発生状況等を踏まえ、適宜、判断することとします。

 市民の皆様には、ご迷惑をおかけしますが、何卒、ご理解とご協力をいただきますようお願い申し上げます。

 

                                    令和2年3月19日

                                    舞鶴市長 多々見 良 三


会議、イベント等を開催、実施する判断基準

1.参加者数が、50名を超えないこと

2.主な参加者が、市民に限定されること

   ※ 市外からの参加者がある場合は、特定できること

3.専門家会議が示した3つの条件が重ならないこと

    ① 換気の悪い密閉空間

    ② 手の届く距離に多くの人が密集

    ③ 近距離での会話や発声


開催、実施する場合の留意事項

1.アルコール消毒液による手洗い、咳エチケット等、感染拡大防止策の徹底

2.高齢者には、事前に健康管理を十分にチェックいただくよう要請

3.次の方には、参加自粛を要請

    ① 発熱、強いだるさ、咳などの症状のある方

    ② 外国からの入国、帰国者には、入国、帰国後2週間以内の方


市が主催する会議、イベント等の中止(延期)措置の緩和についてへの別ルート