ページの先頭です
メニューの終端です。

城下町

  • 「糸井文庫」浮世絵パネルを無償配布終了のお知らせ [2020年8月6日]
  • 田辺城資料館のご案内 [2020年8月3日]

    田辺城は、本能寺の変の後、隠居した細川幽斎が住む城として築かれました。以後、田辺城は細川・京極・牧野氏の居城として約290年間、領内統治の中心的存在でしたが、明治6年(1873)に廃城され、現在、本丸付近は舞鶴公園となっています。田辺城資料館では、細川幽斎をはじめ歴代の城主や田辺城290年の歴史と城下町の暮らしをパネルや模型で紹介しています。

  • 田辺城資料館・郷土資料館 入館料のご案内 [2020年3月18日]

    市内の公共施設は「受益者負担(使用料・手数料)に関する基本方針」(平成30年4月策定)に従い、使用料・手数料の見直しが行われています。田辺城資料館・郷土資料館の入館料も平成31年4月1日から下記のとおり変更いたします。ご理解とご協力をお願いいたします。