ページの先頭です
メニューの終端です。

新型コロナウイルス問題によりDV被害の深刻化が懸念されています

[2020年7月20日]

ID:6205

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

新型コロナウイルス問題によりDV被害の深刻化が懸念されています


 新型コロナウイルス問題による外出自粛や休業が行われるなか、生活不安・ストレスから配偶者等からの暴力(DV)被害の深刻化が懸念されています。(内閣府男女共同参画局取組情報はこちら(別ウインドウで開く)


橋本内閣府特命担当大臣(男女共同参画)からメッセージが発表されました

(以下メッセージ(別ウインドウで開く)全文)

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、外出自粛や休業などが行われている中、生活不安・ストレスにより、配偶者等からの暴力(DV)の増加や深刻化が懸念されております。
今月5日にアントニオ・グテーレス国連事務総長が発出したメッセージにおいても、DVの世界規模での急増について警鐘を鳴らしています。

DVを含め女性に対する暴力は、重大な人権侵害であり、いかなる状況にあっても、決して許されるものではありません。また、被害にあわれた方が、相談し、支援や保護を受けられることが必要です。

内閣府と厚生労働省は、今月3日、地方公共団体に対して、DVの相談対応から保護に至るまでの支援の継続的かつ迅速な対応を依頼しました。
また、DVに悩んでいる方が最寄りの配偶者暴力相談支援センターに相談できるよう、全国共通の相談ナビダイヤルを設けています。
電話番号は、0570-0―55210です。
夫婦の間で「暴力を振るわれている」「辛い」と感じたら、まずは、こちらに相談してください。
また、緊急の場合には、ためらわずに110番通報をしてください。
緊急に身の安全の確保が必要な場合には、全国の婦人相談所一時保護所等において、適切に保護を行う体制を整えていますので、婦人相談所又は配偶者暴力相談支援センターに相談してください。

さらに、今後のDVの深刻化に備えて相談窓口を拡充することを、4月7日に閣議決定した「緊急経済対策」に盛り込みました。
深夜・休日にも対応できる相談窓口の設置を行うとともに、家庭内で電話をしづらい環境にいる方も相談できるよう、SNSやメールによる相談を速やかに実施し、被害者支援体制の拡充を行ってまいります。また、新たな相談窓口についても、周知を図ります。

配偶者等からの暴力(DV)で不安を感じたら、一人で悩まず、相談窓口に相談してください。また、周りで被害に困っている方がいる場合には、是非、この情報を共有していただき、一人でも多くの方が相談・支援につながることができるよう御協力をお願いします。

DV相談先(男性も相談できます)

配偶者等からの暴力(DV)で不安を感じたら、ひとりで悩まず、下記相談窓口に相談してください。
もしも身近な人から相談を受けたら、下記相談窓口があることを伝えてあげてください。相談してください。

DV相談先
相談先電話番号開設日・時間
女性のための相談室0773-65-0056

【電話相談・面接相談(要予約)】

月~金 9:00~17:00

(祝日、年末年始除く) 

女性のための相談室

予約(人権啓発推進課)

0773-66-1022

【女性のためのカウンセリング(要予約)】

月1回(第2水曜日) 13:00~15:50

ひとり50分 ひと月3人まで

舞鶴市人権啓発推進課0773-66-1022

月~金 8:30~17:15

(祝日、年末年始除く)

配偶者暴力相談支援センター京都府家庭支援総合センター075-531-9910

【電話相談】

毎日 9:00~20:00

※緊急の相談・通報は24時間受付

※必要に応じて一時保護も行っています。

【面接相談(要予約)】

月~金 9:00~19:00

(祝日、年末年始を除く)

配偶者暴力相談支援センター

京都府北部家庭支援センター

(福知山児童相談所)

0773-27-9020

令和2年7月~

0773-22-9911

【電話相談・面接相談(要予約)】

月~金 9:00~17:00

(祝日、年末年始を除く)

警察舞鶴警察署0773-75-0110

緊急時は「110番」

保健所京都府中丹東保健所0773-75-0856

月~金 8:30~17:00

(祝日、年末年始を除く)

ナビダイヤル全国共通相談ナビダイヤル0570-0-55210  

関連記事

お問い合わせ

舞鶴市役所市民文化環境部人権啓発推進課

電話: 0773-66-1022

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


新型コロナウイルス問題によりDV被害の深刻化が懸念されていますへの別ルート