ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

舞鶴市ホームへ

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 文字サイズ

  • 背景色

スマートフォン表示用の情報をスキップ

あしあと

    「舞鶴市創業支援事業計画」

    • [2020年6月1日]
    • ID:1645

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

    「舞鶴市創業支援等事業計画」は国の認定を受けています

     舞鶴市では、「舞鶴市まち・ひと・しごと創生総合戦略」において、「しごとをつくり、安心して働けるようにする」を基本目標の一つに掲げ、ものづくりをはじめとする商工業の振興による経済規模の拡大に努めているところです。

     とりわけ創業支援については、新たな事業の創出を支援するとともに、地域産業の育成や振興、雇用機会の創出を図るためのさまざまな取り組みを実施してきたところであり、本計画において、これまでの取り組みを一層強化するとともに、創業支援機関との連携、体制整備をすることで、年間81人の創業の実現を目指します。

     平成28年~34年度にかけて、各支援のメニュー等をワンストップで入手できるよう、ホームページやチラシによるPRを行うとともに、創業支援窓口を設置。さらに、創業塾の開催や専門家派遣など、総合的な支援を実施します。

    舞鶴市創業支援事業計画の概要

    「特定創業支援事業」を受ける方への支援措置

     「特定創業支援事業」とは、概ね1カ月以上、または4回以上の継続した、経営・財務・人材

    育成・販路開拓等の知識の習得ができる事業のことをいい、 舞鶴市では、舞鶴商工会議所

    が実施する「個別相談指導」や「創業塾」が該当します。

     「特定創業支援事業」を受け一定の条件を満たした方は、以下の優遇措置が適用されます。

    1.会社設立時の登録免許税の軽減

    舞鶴市内に株式会社を設立する際、登記にかかる登録免許税が軽減されます。

      資本金の0.7% → 0.35% (最低税額は15万円→7.5万円に減額)

    2.創業関連保証の拡充と対象期間の早期化

    融資を受ける際の無担保、第三者保証人なしの創業関連保証の枠を拡充するとともに、具体的な計画があれば、創業2ヶ月前から対象となる創業関連保証が創業6ヶ月前から可能になります。

    3.日本政策金融公庫の融資制度申込条件の緩和

    創業前または創業後税務申告を2期終えていない事業者に対する「新創業融資制度」について、創業資金総額の10分の1以上の自己資金要件を満たすものとして利用可能となります。

    証明書の交付申請

     優遇措置の適用を受けるためには、舞鶴市が発行する特定創業支援事業による支援を受けたことの証明書が必要となります。

     証明書の発行を希望される方は、申請書に必要事項を記入の上、産業創造・雇用促進課に提出してください。

     申請内容の確認・審査を行った上、証明書を発行します。


    ページの先頭へ戻る

    〒625-8555 京都府舞鶴市字北吸1044番地

    電話:0773-62-2300(代表)

    法人番号:4000020262021

    このホームページに関するお問い合わせ・ご意見は

    舞鶴市役所 市長公室 広報広聴課

    電話:0773-66-1041

    舞鶴市の地図

    Copyright © 舞鶴市役所 All Right Reserved