ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

舞鶴市ホームへ

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 文字サイズ

  • 背景色

スマートフォン表示用の情報をスキップ

あしあと

    国民健康保険の届出(加入・脱退等)

    • [2021年10月1日]
    • ID:943

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

    (1)国保に加入する人

    職場の医療保険(健康保険・共済組合等)、後期高齢者医療制度に入っていない人や生活保護を受けていない人

    (2)加入について

    加入は世帯ごとに行い、一人1枚の保険証が交付されます。

    (3)国保の届出(手続き)

    下表に該当する場合は、世帯主が14日以内に窓口で手続きを行ってください。

      ※ 会社等が手続きをしてくれることはありませんのでご注意ください。

      ※ 届出手続きには本人確認ができるもの(マイナンバーカード、運転免許証等)とマイナンバーがわかるもの(マイナンバーカード等)が必要です。

    国保の届出に必要なもの
      こんなときは 届出に必要なもの
    国保に加入  他の市区町村から転入してきたとき  


    免許証等、

    マイナンバーがわかるもの

     職場の健康保険をやめたとき  職場の健康保険をやめた証明
     (資格喪失証明書)
     職場の健康保険の被扶養者からはずれたとき  被扶養者をはずれた証明
     (資格喪失証明書)
     子どもが生まれたとき  保険証、母子健康手帳
     生活保護を受けなくなったとき  保護廃止決定通知書
    国保を脱退  他の市区町村へ転出するとき  保険証
     職場の健康保険に入ったとき  国保と職場の両方の保険証
     (職場の保険証が未交付の場合は加入したことを証明するもの)
     国保の被保険者が死亡したとき  保険証、死亡を証明するもの
     生活保護を受けるようになったとき  保険証、保護開始決定通知書
    その他  市内で住所が変わったとき  保険証
     世帯主や氏名が変わったとき
     世帯を分けたり、一緒にしたとき
     修学のため別に住所を定めるとき  保険証、在学証明書又は学生証
     施設に入所・退所したとき  保険証、入所・退所を証明するもの
     保険証を失くしたときや汚れて使えなくなったとき  本人確認ができるもの
     (使えなくなった保険証もあれば)

    (4)退職者医療制度について  

     長い間、会社などに勤め、退職して市町村国保に加入される場合(退職直後は任意継続保険とされ、その後、国保に加入される場合も含みます。)、厚生年金や共済年金の受給権のある方は、「一般」とは違う「退職」被保険者として退職者医療制度により医療費が賄われることになります。  

    ※退職者医療制度は原則廃止されており、現在適用されている方が65歳に到達するまでの間のみ、経過的に制度が継続されています。


    ページの先頭へ戻る

    〒625-8555 京都府舞鶴市字北吸1044番地

    電話:0773-62-2300(代表)

    法人番号:4000020262021

    このホームページに関するお問い合わせ・ご意見は

    舞鶴市役所 市長公室 広報広聴課

    電話:0773-66-1041

    舞鶴市の地図

    Copyright © 舞鶴市役所 All Right Reserved