ページの先頭です
メニューの終端です。

「第2期舞鶴市まち・ひと・しごと創生総合戦略」及び「舞鶴市人口ビジョン」の策定

[2020年4月9日]

ID:6190

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

令和2年3月、「第2期舞鶴市まち・ひと・しごと創生総合戦略」及び「舞鶴市人口ビジョン」を策定しました。今後、本計画に基づき、市民の皆さまをはじめ、事業所・団体の皆さまと一丸となって施策を推し進めてまいります。

(1)第2期総合戦略の位置付け

 第2期舞鶴市まち・ひと・しごと創生総合戦略は、国や京都府が定める総合戦略を勘案しつつ、2045年を目標年次とする舞鶴市人口ビジョンのもと、昨年4月にスタートした第7次舞鶴市総合計画に基づき、人口減少・少子高齢化等に起因する諸課題の解決に向けた基本目標と横断的目標を達成するため、今後5年間において集中的に取り組むべき施策をとりまとめたものです。

【基本目標】                                                                              ①将来に夢と希望の持てる活力あるまちをつくる                                                            ②このまちに魅かれ、移り住みたくなるまちをつくる                                                        ③結婚・出産・子育ての希望がかなう、子育てにやさしいまちをつくる                                                ④生涯を通じて心豊かに暮らせるまちをつくり、次世代に継承する

 【横断的目標】                                                                                                  ①多様な人材の活躍を推進する                                                                ②新しい時代の流れを力にする

(2) 第1期総合戦略の振り返りと第2期総合戦略に向けた理念

 第1期総合戦略は、平成27年度にスタートした第6次総合計画後期実行計画に掲げる「交流人口300万人・経済人口10万人都市 舞鶴」の政策目標と連動させる中で、平成27年5月に、全国で7番目となる総合戦略として策定し、総合戦略に掲げるKPI(重要業績評価指標)109項目の内、約7割の77項目が、基準値である平成26年から上昇しています(H30年度末現在)。

  第2期総合戦略では、第7次舞鶴市総合計画をベースに、「心が通う便利な田舎暮らし」の実現に向けた「舞鶴版Society5.0 for SDGs」を推し進めていくための取組を中心にとりまとめ、多様な連携のもと、迅速かつ効果的に事業展開を図ります。

(3) 計画期間

2020(令和2)年度から2024(令和6)年度末(5年間)

お問い合わせ

舞鶴市役所政策推進部企画政策課

電話: 0773-66-1042

ファックス: 0773-62-5099

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム