ページの先頭です
メニューの終端です。

今年は野外で上映会!映画「ぼくはうみがみたくなりました」8月29日(土)開催!

[2020年7月1日]

ID:3199

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2020年度 <映画上映会> プラス <テーマトーク> のお知らせです

 夏恒例の人権映画上映会。例年多くの方にご参加いただき好評の事業です。今年は新型コロナウイルスの影響もあり、野外での「星空上映会」として「先着100名様限定」で開催することとなりました。ふるってご参加ください。

開催日 令和2年8月29日(土)
時間  午後6時50分~午後9時
(開場 午後6時20分)
場所  総合文化会館 野外特設ステージ
映画  「ぼくはうみがみたくなりました」
テーマトーク 山下久仁明さん(原作者)

事前申し込みが必要です
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

申し込み方法

 8月3日(月)朝8:30から電話にて受付を開始します。

 申し込み先 66-1022 (舞鶴市人権啓発推進課)

 舞鶴市在住の方限定で、先着100名で受付を終了します。参加者には後日、入場券を郵送します。

 申し込み時に、お名前・ご住所・年齢・連絡先電話番号を聞かせていただきます。

 補聴器が聞きやすくなる磁気ループ席を用意します。ご利用希望の方は、申し込み時にお申し出ください。(今回、託児所は開設しません)

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、十分なソーシャルディスタンスがとれるよう座席配置します。当日は発熱がないことをご確認の上、マスク着用でご参加ください。

 

映画内容

映画の一場面

 看護学生の明日美(大塚ちひろ)の愛車は黄色いステップワゴン。ひょんなことから自閉症の青年・淳一(伊藤祐貴)と二人で海へドライブに行くことに。しかし、彼の言動は少し変だ。いや少しどころじゃない・・。一人の自閉症の青年をめぐるドタバタ劇が、旅先で出会う人々を巻き込みながら始まる。時にユーモラス、時に厳しく、そして暖かく。心が少し優しくなれる感動のストーリー。

出演:大塚ちひろ 伊藤祐貴 大森暁美 秋野太作
企画・原作・脚本:山下久仁明
監督:福田是久
音楽:椎名邦仁
主題歌:高橋直純「まひるのほし」

2009年ぼくはうみがみたくなりました製作実行委員会

テーマトーク

山下久仁明さん写真

原作者
山下久仁明さんがリモート出演。テーマトークをライブでお送りします。
題して「自閉症って・・なんだ?」
映画誕生にまつわる物語や、映画撮影の実際など、トーク形式でおうかがいする予定です。

その他(重要!)

  • 雨天の場合は総合文化会館小ホールに場所を移して開催します。当日の朝9時までに決定し、このホームページでお知らせします。
  • 新型コロナウイルスの感染状況により開催が不能となった場合には、ホームページでご案内すると共に、参加者には個別にご連絡いたします。
  • 駐車場は「あそびあむ」前の部分を利用いただくと便利です。

主催(後援)

≪主催≫舞鶴市/まいづる人権啓発市民会議/丹後・中丹人権啓発活動地域ネットワーク協議会

≪後援≫(公財)舞鶴市文化事業団

お問い合わせ

舞鶴市役所市民文化環境部人権啓発推進課

電話: 0773-66-1022

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


今年は野外で上映会!映画「ぼくはうみがみたくなりました」8月29日(土)開催!への別ルート