ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

舞鶴市ホームへ

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 文字サイズ

  • 背景色

スマートフォン表示用の情報をスキップ

あしあと

    母子健康手帳の交付(妊産婦健康診査)について

    • [2022年6月27日]
    • ID:9596

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

    母子健康手帳の交付について

    妊娠届と母子健康手帳の交付について

    妊娠していることが分かったら、まず、医療機関にかかりましょう。

    受診した医療機関で出産予定日等必要事項を記入された「妊娠届出書」を渡されたら、舞鶴市保健センターの窓口までお持ちください。

    手続きに必要なもの

    • 妊娠届出書
    • 妊婦の個人番号(マイナンバー)が確認できるもの
    • 届出者の本人確認ができるもの(顔写真付)・・・運転免許証など
    • 代理人が届出される場合は下記PDFファイルの委任状をお持ちください。

    ※ 交付には30分程度時間がかかりますので、時間の余裕をみてお越しください。

      可能であれば、妊婦のパートナーも一緒にお越しください。

    妊娠届委任状

    Adobe Reader の入手
    PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

    妊婦・産婦健康診査受診券の交付

    妊娠届出書の提出により、妊婦・産婦健康診査受診券を交付いたします。

    京都府内の医療機関で健診受診時に受診券を提出すると、妊婦健康診査14回、産婦健康診査2回まで健診にかかる費用を公費負担します。

    • 多胎妊婦の妊婦健康診査については6回追加し、20回まで公費負担いたします。
    • 受診券に記載されていない検査などを受けられた場合は、自己負担が必要となります。
    • 舞鶴市外に転出された場合は、舞鶴市の「妊婦・産婦健康診査受診券」は使用できませんので、転出先で受診券の交付を受けてください。転出後に使用された場合、全額自己負担となる場合がありますのでご注意ください。
    • 府外の医療機関で受診される場合は、舞鶴市の「妊婦・産婦健康診査受診券」が利用できません。自己負担された健診費用について、出産後1年以内に申請された場合は、市が定める公費負担額を上限に健診費用を助成(償還払い)します。詳しくは下記PDFファイルをご覧いただくか、舞鶴市保健センターまでお問い合わせください。

    この妊婦健康診査は、特定防衛施設周辺整備調整交付金事業の交付金を受け実施しています。

    京都府外で受診された妊婦・産婦健康診査費用の助成について

    Adobe Reader の入手
    PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

    ページの先頭へ戻る

    〒625-8555 京都府舞鶴市字北吸1044番地

    電話:0773-62-2300(代表)

    法人番号:4000020262021

    このホームページに関するお問い合わせ・ご意見は

    舞鶴市役所 市長公室 広報広聴課

    電話:0773-66-1041

    舞鶴市の地図

    Copyright © 舞鶴市役所 All Right Reserved