ページの先頭です
メニューの終端です。

木質バイオマスの取扱者の登録制度を創設しました!

[2020年1月16日]

ID:5634

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

木質バイオマス証明材取扱者登録制度について

 舞鶴市では、木材の切出し・利用促進のために、市内の森林を伐採する舞鶴市内在住の個人、法人格を持たない団体または森林に関わる活動を行っている非営利法人を対象に木質バイオマス証明材取扱者登録制度を創設しました。

 取扱者として登録されると、登録者・登録団体自身が伐採した木を発電用の燃料(木質バイオマス)として証明し、出荷できるようになります。

制度の概要・登録にかかる注意事項・様式など

対象

  • 舞鶴市内在住の木の切出しを業としない臨時の出材をする個人
  • 市内の法人格を持たない団体又は森林に関わる活動を行っている非営利法人

登録書の有効期間

 登録日から3年

提出書類

 1. バイオマス証明材取扱者登録の申請時

  • 発電利用に供する木質バイオマス証明材取扱者の登録申請書(様式第1号)
  • 自主行動規範(様式第2号) 

 

 2. 森林の伐採時

  伐採及び伐採後の造林の届出書について(舞鶴市ホームページ)(別ウインドウで開く)


 3. 木質バイオマスの搬出時

  • 発電利用に供する木質バイオマス証明書(任意様式。出荷先にお問い合わせください。)
  • 伐採および伐採後の造林の届出書適合通知書など(合法性書類)の写し
  • 森林施業に関する森林所有者との覚書などの写し(施業者と森林所有者が異なる場合)
  • その他、事業者がバイオマス証明に必要とする書類


 4. 実績報告時(次年度4月末日まで)

  • 発電利用に供する木質バイオマスの証明された木材・木製品等の取扱実績報告書(様式第5号)

注意事項

 本事業では、舞鶴市が監査を行います。

  • 本事業にかかる証明書、納品書および管理簿などの書類を5年間保管してください。
  • 伐採風景、バイオマス証明材の保管状況などの事業に関わる写真を残してください。


 また、本事業について適切な対応がなされていないと判断される場合は、登録を取り消しますのでご了承ください。


 登録申請から実績報告までの一連の流れをフローチャートにしています。下段のpdfファイルをご確認ください。

木質バイオマス証明材取扱者登録に係るフローチャート

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

舞鶴市木質バイオマス証明材取扱者の登録等に関する要綱

様式第1号 バイオマス証明材取扱登録申請書

様式第5号 発電利用に供する木質バイオマスの証明された木材の取扱実績報告書

参考

バイオマス・木質バイオマスって何?

  • バイオマスとは・・・

     生物資源(bio)の量(mass)を表す言葉で、化石燃料を除く「再生可能な、生物由来の

     有機性資源」のことを指します。

  • 木質バイオマスとは・・・

     木材からできるバイオマスのことを「木質バイオマス」と呼びます。

          木質バイオマスには、主に樹木の伐採で発生した幹、枝などの未利用の間伐材、製

          材工場などから発生する樹皮やのこ屑などのほか、住宅の解体材や街路樹の剪定

          枝などの種類があります。

なぜ発電に利用する木質バイオマスには証明が必要なの?

 平成24年6月18日経済産業省告示第139号によって、再生可能エネルギー発電設備の区分ごとの調達価格が定められました。→固定価格買取制度(経済産業省資源エネルギー庁ホームページ)(別ウインドウで開く)

 間伐材等由来の木質バイオマスに対して適切な識別・証明が行われなければ、調達価格が適正に適用されない事態が懸念されます。

 再生可能エネルギー電気の固定価格買取制度に対する消費者の信頼を確保するとともに、発電の燃料としての間伐材等由来の木質バイオマスが、円滑に、かつ、秩序をもって供給されるため、発電利用される木質バイオマスに対する証明が必要になります。

 発電利用に供する木質バイオマスの証明のためのガイドライン(林野庁ホームページ)
(別ウインドウで開く)

お問い合わせ

舞鶴市役所 産業振興部 農林課
電話: 0773-66-1030
E-mail: nourin@city.maizuru.lg.jp

木質バイオマスの取扱者の登録制度を創設しました!への別ルート