ページの先頭です
メニューの終端です。

市立舞鶴市民病院

[2018年11月9日]

ID:4346

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

 

 本院は、医療療養型病院として、地域に不足する慢性期医療を担っています。療養病床(100床)に特化し、急性期医療を担う市内公的病院や介護福祉施設との連携により地域医療に貢献するとともに、加佐診療所については、地域唯一の医療機関として地域における医療の維持、確保に努めています。

病院理念




”あなたの笑顔のために”

私たちは生命の尊厳と、医の倫理を遵守し、心と心のふれあいのある、信頼される療養病院をめざします。
 


「患者(家族)の笑顔」と「病院スタッフの笑顔」の両立と共存をさせるなか、質の高い安心・安全な医療の提供を目指しています。



医療療養型病院について(医療保険)

 

 慢性期医療として長期療養が必要な方に対し、医学的管理のもと看護や生活支援などを行います。「地域完結型医療」への転換が図られていく中、家庭や施設などへ移られるときの、架け橋としての役割も担っています。


 ※慢性期とは急性期病院で治療を終えた状態で、まだ医療必要度が高い状態


医療療養病床での対象患者について

 

 医療必要度により医療区分1~3という分類が国の基準で定められており、当院では、医療必要度の高い、医療区分2・3の患者様が主に対象となりますが、医療区分1の方も受け入れております。


※医療区分2・3とは、厚生労働大臣によって定められた項目の病状・治療に該当している方です。(詳細については担当者にお尋ね下さい。)

 医療区分3 : 中心静脈栄養・酸素吸入3ℓ以上・医師の監視24時間必要など・・

 医療区分2 : 気管切開・酸素吸入3ℓ未満・難病疾患・痰吸引(1日8回以上)など・・



入院の申し込みについて

 

 医療の提供度合を確認させていただくにあたり、かかりつけ医からの診療情報提供書や看護サマリー・フェイスシート等の提出をしていただきます。


 詳しくは、当院の窓口またはお電話にてお問い合わせください。

 簡単に患者様の病状をお伺いします。


 市立舞鶴市民病院 地域医療連携室 (0773)60-9022

  9:00~17:00(土・日・祝日は除く)



外来診療について


 当院は、医療療養型病床(100床)に特化した運営を行っており、外来診療は入院前の患者様を対象として行っています。
     

       ・診療科目  : 内科・リハビリテーション科
   ・診療日    : 月~金曜日(祝日・年末年始を除く)
   ・診療時間  : 9:00~12:00

     ※ボツリヌス診療については、予約制にて原則毎週金曜日に行っております。



ボツリヌス療法のご案内

市立舞鶴市民病院ではボツリヌス療法を実施しています。

 (ボツリヌス療法とは)

 ボツリヌス療法は脳卒中の後遺症として手足のマヒと共に現れる事が多い運動障害である、筋肉のツッパリ(痙縮:けいしゅく)に対する新しい治療法です。

入院し、リハビリを同時に実施することでより効果が得られるため、2週間程度の入院をし、集中的にリハビリを行います。


  ※また、この治療費には保険が適応されます。(福祉医療・高額療養制度も利用可能)

 

        

 (対象部位)

 上肢痙縮・下肢痙縮


経営比較分析表(平成28年度決算)

経営比較分析(平成28年度決算)

「市立舞鶴市民病院」新改革プラン

お問い合わせ先

 

市立舞鶴市民病院 
 Tel(0773)60-9020(代表)
 Tel(0773)60-9022(地域医療連携室)
 Fax(0773)76―8730


お問い合わせ

市立舞鶴市民病院
電話: 0773-60-9020 ファックス: 0773-76-8730
E-mail: hospital@city.maizuru.lg.jp